2018年03月15日

'18春を探して ユキワリイチゲ いろいろ

今年はユキワリイチゲのさまざまな顔を見ることができました。
まずは13日のM山。

yukiwariichige20180313_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180313_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180313_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
弁底から薄紫色が広がる美しいユキワリイチゲ。


15日はvyvさんと岡山県へ遠征しました。
A地点のユキワリイチゲ。
yukiwariichige20180315_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180315_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ここは白っぽい花でしたが群落の規模が大きく、一面を埋め尽くすように咲いており見ごたえがありました。


次にB地点のユキワリイチゲ。
ここはバリエーション豊かな自生地でした。
yukiwariichige20180315_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180315_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
青味がかった花弁(顎)の先が切れ込んだ美しいユキワリイチゲ。


yukiwariichige20180315_5.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ピンクの花も見つかりました。


yukiwariichige20180315_7.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花弁の先が切れ込んだものも。


yukiwariichige20180315_6.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花弁の数が多い花もありました。


最後のC地点。
yukiwariichige20180315_8.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
この日一番の青い花が迎えてくれました。


yukiwariichige20180315_9.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ユキワリイチゲは天気が悪いと開かない花なのですが、今回の遠征は天気に恵まれ素晴らしい花の
姿を堪能することができました。
posted by atomzizi at 20:47| Comment(2) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

'18春を探して M山へバイクトレッキング1

今日はバイクで走っていても気持ちの良いぽかぽか陽気でした。
なにか蝶が見れるかもと思い里山を廻ってM山までトレッキングをしてきました。

serow20180313.jpg
E-M1+ED12-40mmF2.8PRO
途中、川の土手には満開のホトケノザの群落がたくさんありました。


tachitsubosumire20180313_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
M山への登り、日当たりの良い道路脇にはアカフタチツボスミレの群落がありました。


nashirazu20180313_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
そのすぐ近くにタチツボとは違うスミレが・・・
葉の感じは同じようですがねぇ、距の色と長さが違っています。


nashirazu20180313.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
帰宅してから調べてみましたが名前が分かりませんでした。
もう少し花が開いた頃を見計らってもう一度出かけようと思います。


tenngucho20180313.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
登山道ではテングチョウがツワブキの葉上で日向ぼっこをしていました。
今日見た蝶は越冬テングチョウが数頭だけ。
残念ながら新生蝶は見られませんでした。
posted by atomzizi at 20:35| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

'18春を探して バイカオウレン2

毎年出かけるバイカオウレンの自生地が壊滅状態になっていました。
鎮守の森の下にカーペットを敷いたように咲き誇っていたのですが、杉の巨木を切り倒し
運び出すのに邪魔になりそうな杉を間引いて群生地の中へトラックを入れたそうです。

baikaouren20180311_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
森の端の方にかろうじて残ったバイカオウレン。
こんなふうに一面に咲いていたのですが当分元に戻りそうもないですね。


baikaouren20180311_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
地元の方たち20人ほどが群生地で作業をされていましたが、邪魔にならないように了解をもらって
写真を撮らせてもらいました。


baikaouren20180311_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
今後どうなることやら。
来年以降も状況を確認に出掛けてみようと思います。
posted by atomzizi at 18:53| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

'18 '18春を探して ツクシ

風は冷たかったけれど青空に急き立てられるように春を探しに出かけました。
先週見つからなかったツクシを探しにセローで里山をトレッキングです。
まず昨年見たところへ立ち寄ったのですがツクシはまだ出ていませんでした。
農道をゆっくり走りながら田の畦や川の土手を見て回ります。

tsukusi20180310_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
10分ほどで日当たりの良い一角にツクシが出ているのが見つかりました。
土手の上だったので仰ぎ見ると青空が広がる絶好の位置でした。


tsukusi20180310_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
すぐ傍にはホトケノザの花の間からツクシが1本伸びていました。


tsukusi20180310_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
田の畔にも顔を出し始めています。


tsukusi20180310_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
これからたくさんのツクシが出てくるでしょう。
2時間ほどのトレッキングでしたが春を堪能しました。
posted by atomzizi at 19:13| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

'18春を探して 梅林にて

M山の梅林ではほとんどの梅が満開で良い香りが漂っていました。
今日は平日ということでそれほどの人出はありませんでしたが、今週末は大勢の人で
賑わうことでしょう。

ume20180307_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
淡いピンク。


ume20180307_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
紅梅。


ume20180307_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
白梅。


ume20180307_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
濃いピンク。


ooinunofuguri20180307.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
梅の木の下でオオイヌノフグリもブルーのカーペットを敷いたように咲き広がっています。


hmeodorikoso20180307.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ヒメオドリコソウの大きな群落も其処此処に。


yukiwariso20180307.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
梅林のすぐ近く杉林の下にはユキワリソウが咲き始めていました。
いよいよ春本番が近づいてきました。
posted by atomzizi at 20:47| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

'18春を探して フクジュソウ

午前中に所用を済ませ、午後から森林植物園を覗いてきました。
5日前に訪れた時のフクジュソウは地面から頭を出したばかりでしたが、ずいぶん丈も伸び
葉も展開しそうな勢いでした。

fukujuso20180304_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


fukujuso20180304_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


fukujuso20180304_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
今回はあえて正面は避け横顔と後ろ姿を望遠レンズで撮ってきました。


yukiwariichige20180304.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ユキワリイチゲも5日前とは比べ物にならないほどたくさんの花を咲かせています。
今日は全国的にゴールデンウィークぐらいの気温になったそうです。
フィールドへ出るのが楽しい季節になってきました。
posted by atomzizi at 19:18| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

'18春を探して 里山トレッキング

春本番のような陽気に誘われていつものフィールドをバイクでトレッキングしてきました。

hotokenoza20180303.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
一週間まえに比べるとホトケノザは大きな群落が見られるようになりました。


kansaitanpopo20180303.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
農道を詰めていくとセイヨウタンポポに代わってカンサイタンポポが咲いていました。
ほっそりして優しいタンポポです。


rengesou20180303.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
日当たりの良い田んぼの畦では早くもレンゲソウが見つかりました。


nasirazu20180303_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
歩くような速度でバイクを走らせていると道端になにやら小さなピンクの花が・・・
咲いていたのは農道脇ですが野生種ではなさそうです。


nasirazu20180303_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
栽培種の種が運ばれてきたのかな?
オニノゲシの葉を小さくしたようなロゼットから5cmほどの花茎を伸ばして咲いています。
花の蕊の雰囲気はゲンノショウコ似た感じ。
kadowakiさんなら分かるかな?

28日にオリンパスからOM-D EーM1MarkUのファームウェアのバージョンアップがリリース
されたので、早速ファームアップしてそれのテストも兼ねたトレッキングでした。
E-M1でファームアップされたAFのスモールターゲットがやっとM1MarkUでも使えるように
なりました。
発売当初から言い続けていた希望がやっと叶い、今春の蝶シーズンから使えそうです。
posted by atomzizi at 20:14| Comment(2) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

'18春を探して 山茶花

冬の初めから咲いていた山茶花がまだ頑張って咲いています。

sazanka20180227.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花の盛りの頃に撮れなかったので今頃の登場です。


posted by atomzizi at 21:27| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

'18春を探して ユキワリイチゲ

ロックガーデンのユキワリイチゲの大株に少しうつむいた花が見えます。
陽があたらないと花が開きません。
株に陽があたるまで一時間近く待ちました。

yukiwariichige20180207_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
うつむいていた花も顔を上げて花弁(顎)を開き始めました。


yukiwariichige20180207_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ここの花色は芯がうっすらと紫がかった白い花です。


yukiwariichige20180207_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
vyvさんによると岡山や四国あたりでは真っ青な花が咲くらしい。
機会があれば一度見てみたいものです。
posted by atomzizi at 20:45| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

'18春を探して バイカオウレン

この時期一度は訪れる森林植物園。
まだ少し早いかな?と思いつつロックガーデンを覗いてみるともうバイカオウレンが咲いていました。

baikaouren20180227_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


baikaouren20180227_2.jpgE-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


baikaouren20180227_3.jpgE-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


baikaouren20180227_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
3月10日頃には自生地でも咲きそうなのでツーリングがてら出掛けてみようと思います。
posted by atomzizi at 20:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする