2009年05月19日

グラハム・トーマスとシャルロット

grahamthomas090519.jpg
グラハム・トーマス(ER)
咲き始めは純粋な黄金色、でもいつまでもこの色が続かない。
翌日には退色してしまうし、花持ちもあまりよくはない。


charlotta090519.jpg
シャルロット(ER)
これは昨日アップした花。気温が高いと一日でこんなに開いてしまう。
グラハムは全体が黄色だがシャルロットは中心から外に向かって淡く
なっている。
並べて較べないと見分けがつかないほどグラハムの血が濃く出ている。
posted by atomzizi at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

シャルロットとコレッタ

charlotta090518.jpg
シャルロット(ER)
イングリッシュ・ローズの名花グラハム・トーマスに良く似ている。
優しい黄色のカップ咲きでグラハムより繊細な感じがする。


colleta090518.jpg
コレッタ(S)
あまり伸びすぎないつるバラとして仕立てられるアンティークタッチのバラ。
残念ながら香りはありません。でも、結構返り咲きする嬉しいバラです。

昨日の風でどのバラもかなりダメージを受けました。
枝折れ多数、開きかけた花弁は傷だらけ、気持ちのダメージも大きいです!
posted by atomzizi at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

グラミス・キャッスルとメアリー・ローズ

glamiscastle090514.jpg
グラミス・キャッスル(ER)
真珠のような光沢を持つコロンとした花。
細い枝にも花をつける。花の重みで俯くことも・・・
樹高は1mに満たない。
この花も地面から30cmぐらいのところひっそりと咲いていた。
ミルラの香りがする。


maryrose090514.jpg
メアリー・ローズ(ER)
フェリシアと同じオベリスクに仕立てているが、フェリシアがバラゾウムシの被害に
あってほとんどの蕾が壊滅状態なのにメアリーローズは被害を受けていない。
病虫害に強いバラである。
posted by atomzizi at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

バフ・ビューティ

buffbeauty090513.jpg
バフ・ビューティ(HMsk)

雨上がりの朝、最初の一輪が咲いていました。
一番花は色濃く咲いています。
そのうち退色してバフ色になるのでしょう。
西側のフェンスを覆うように蕾が上がっています。
posted by atomzizi at 21:30| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

ピーチ・ブロッサム

peachblossom090512_3.jpg
ピーチ・ブッロサム(ER)
夏のような気温にバラの蕾が一気に開花しはじめました。


peachblossom090512_1.jpg

早朝は花弁の開き方が控えめです。
これから大きく花弁を開き夕方には丸く花弁を閉じます。
僅かに覗く蕊が印象的です。

peachblossom090512_2.jpg
透明感のあるサーモンがかった淡いピンクの優しいバラ。
ピンクの花はやがて退色して白っぽくなる。
シャリファ・アスマと共にお気に入りのバラ。3株増やしてしまった。

E-510+35mmマクロ
posted by atomzizi at 21:08| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

クレマチス

庭のクレマチスが咲いています。
一番先に咲いたのはモンタナ・ルーベンス、続いて満州黄。
そして三番目がこのネリモーザ。
これらのクレマチスはバラと咲く時期を合わさずさっさと咲いてしまいます。

nerimo090506_2.jpg


nerimo090506_1.jpg
脇役でなく主役みたいに大きな花ですからバラが咲くまでに咲いてもらった
ほうがいいですけど・・・

posted by atomzizi at 17:14| Comment(6) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

アイリス

アイリスが満開になりました。
例年もう少し遅い時期の開花だったと思うのだけれど・・・
夏のような気温が続いたためでしょうかねぇ。

iris090416_2.jpg


iris090416_1.jpg
大株になったバフビューティの横で咲いています。
明るいブルーで庭が明るくなりました。

話は変わりますが毎朝バラゾウムシ退治をしています。
捕っても捕っても翌朝にはまたいます。
もういくつの蕾を齧られたことか!
明日も朝からバラゾウ退治です。

barazo090416.jpg
芥子粒のように小さいくせに被害は甚大です。
赤ちゃん蕾が枯れています。
このバラゾウ?もちろん撮影後捻り潰してやりましたとも!

posted by atomzizi at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

小さな蕾が・・・

庭のバラに小さな蕾を確認できるようになってきました。
芽が伸び始めた頃すごい花冷えが続いたのでブラインドを心配をしていたけど、
順調に蕾がついているようです。

cocktail090415.jpg
カクテル

cornelia090415.jpg
コーネリア

pierrederonsard090415.jpg
ピエール・ド・ロンサール
しかしながらこの小さな蕾が開花するまでには結構日にちがかかる。
5月中旬頃が見ごろになるのかな?

3点共夕方6時前にE-510&35mmマクロで撮影。
なかなか良い絵を出します。
思った以上にベストマッチなのかもしれません。
組み合わせで700グラムを切る軽量お手軽カメラで、散歩などで持ち歩くのに
いいですね。

posted by atomzizi at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

ムスカリ

ガーデンではクロッカスが終わって今はムスカリが満開。
雨の後の滴がムスカリ花の上に残ってきらきらと輝いていました。

musukari090405_1.jpg


musukari090405_2.jpg
posted by atomzizi at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

クロッカス

春らしい暖かな週末でした。が、花粉症で一日中鼻をかんでばかり。
なんか年々ひどくなっていくような・・・
歳をとって抵抗力が弱くなったのかな?

さて、庭ではクロッカスが咲き始めました。
毎年決まってまず黄色が咲き、続いて紫最後に白が咲きます。
バラの新芽も伸びてきたし嬉しい春がやってきました。

crocas090308.jpg
posted by atomzizi at 20:13| Comment(4) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

秋バラ

我が家には四季咲きのバラがほとんどなくてイングリッシュローズの一部と
ハイブリットムスク、チャイナ系のバラが返り咲くぐらい。
花数少なく控えめに咲く姿はそれはそれで美しいものである。

queenofsweden081029.jpg
クィーン・オブ・スェーデン(ER)
枝は直立して伸びるので場所をとらない。

yibangfen081029.jpg
一棒粉(CH)
バレリーナに似ている。

cornelia081029.jpg
コーネリア(HMsk)
このバラは春より秋の方が断然美しいと思う。
posted by atomzizi at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

キンモクセイ

kinmokusei081008.jpg

キンモクセイが咲き始め辺りに強い香りを撒き散らしている。
でも、その香りに誘われて訪れる虫を見た記憶がない。
すぐ横に咲いているアベリアにはアゲハやイチモンジセセリなどがひっきりな
しにやてくるのに・・・
不思議の思って調べてみるとキンモクセイの香りの成分γ-デカラクトンと
いうのはモンシロチョウなどに忌避作用があるらしい。
そりゃぁ虫も来んわ!
posted by atomzizi at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

夏剪定

duchessedebrabant080918.jpg
デシュス・ド・ブラバン(T)

暑い日が続くので夏剪定を延ばしていたのだが、台風が来る前に咲いている
花も蕾もバッサリ切った。
また11月には綺麗な花を見せてくれることだろう。


少し早いがこの夏の反省点。
カミキリ被害で3株を枯らしてしまった。
株の異変に気づくのが遅れたのが最大の原因。
こういうことがあると気が滅入る。
posted by atomzizi at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

真夏のバラ

buffbeauty.jpg
バフビューティ(HMsk)

真夏でも元気なハイブリットムスク系のバラたち。
元気良すぎてあちこちからシュートを伸ばして大暴れ。
夏の剪定で少し間引かなくてはいけないかも。
花も見上げるところに咲いています。

これからまとまった降雨がありそうで庭の草花も一息つけそうです。
でも、明日は夏祭りがあるんですよねー。
小雨決行ということですがどうなることやら!


posted by atomzizi at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

似てるので・・・

maryrose080628.jpg
メアリーローズ(ER)


johnclare080626.jpg
ジョン・クレア(ER)

実物は樹形が全然違うのだが写真で見る限り雰囲気はよく似ている。
そんな訳ででジョン・クレアはhana'sGARDENへ引越ししました!
我が家より気に入ったらしく二番花の蕾をグングン上げている。
posted by atomzizi at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

ウィルヘルム

wilhelm080617.jpg
ウィルヘルム(HMsk)

今年新苗で手に入れたウィルヘルム。
ずっと摘蕾を繰り返してきたけれどどうしても花が見たくなって一輪咲か
せてみました。
予想通りの好きなタイプの花でした。
後はひたすら株を大きくすることに専念します。
posted by atomzizi at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

レッド・キャスケード

redcascade080611.jpg
レッド・キャスケード(CLM)

遅咲きのレッド・キャスケードが満開になった。
鉢植えなのに枝をどんどん伸ばしてフェンスを覆った。
おまけにとっても丈夫で冬の初めまで繰り返し咲き続ける。
これで春からのバラも一区切り。
品種によっては二番花の蕾が上がってきているし、シュートが伸びだした。

posted by atomzizi at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

ドロシー・パーキンス

dorothyperkins080607.jpg
ドロシー・パーキンス(R)
去年挿し木して30cmほど伸びた枝先に花をつけた。
今年の冬にはどこかに地植えしてやろうと思っている。
かなり遅咲きで他のバラが終わる頃咲き始める。


royalbonica080607.jpg
ロイヤル・ボニカ
今まさに満開状態。後方に咲き残ったグラハム・トーマスとつるアイス・バー
グが見える。

今日は半日バラの花がら切りをして、半日はハナとマリアとミニーの3ワンコ
とまったり過ごした。
いつもより夜更かしをしてブログの更新をしているのだが眠くて仕方がない。
朝はいつもどおり5時起床だったもの!
posted by atomzizi at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

フェリシア

fericia080606.jpg
フェリシア(HMsk)

シーズン前半は毛虫とバラゾウムシにやられて散々だったけど、他のバラが
終わる今頃やっと可愛い花を見せてくれている。
日曜日には花がら切りと枝の整理をしないとダメですねぇ。
posted by atomzizi at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

枝変わり

lovelyfairy080604.jpg
ラブリー・フェアリー(Pol)
この冬レストラン風舎で頂いた2本のラブリー・フェアリーが咲き出した。
ところが咲いた株を見てビックリ!なんと一株に薄ピンクの花が混じって
咲いているではないか! ↓↓

lovelyfairy080604_1.jpg
後方と右下の濃いピンクの花が見えますか、同じ一本の株からの花ですよー。

lovelyfairy080604_2.jpg
薄いピンクの花のアップ、どう見てもザ・フェアリーですよね。

今年はシーズン初めのウィンチェスター・キャシャドラルの祖先返りに始まっ
てシーズン終わりのラブリー・フェアリーの祖先返り。
こんな年もあるんですねー。

posted by atomzizi at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする