2010年05月12日

メアリーローズ

今朝メアリーローズの一番花が咲きました。

maryrose100512_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro
昨日の雨の雫を纏ってちょっと俯き加減に咲いていました。


maryrose100512_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro
帰宅後に撮ったもの。
例年なら半日でもっと咲き進んでいるのだが、今日は気温がそれほど上がらず
開花もゆっくりです。
posted by atomzizi at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

バフ・ビューティ

朝庭を眺めて気がついた。あれこんなところで咲いている!
大きく膨らんだ蕾を不覚にも見落としていたようだ。
毎朝バラゾウムシ退治のために蕾チェックをしていたのにねぇ。
「木を見て森を見ず」ですな。

buffbeauty100510.jpg
RICOH CX2

バフ・ビューティの他の蕾はまだまだ咲きそうにないぐらい小さいのに・・・
予想外でした。
明日雨が上がり、陽が射すとそろそろメアリーローズが咲くだろう。
posted by atomzizi at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

今年の一番花 オールド・ブラッシュ

oldbrash100504.jpg
RICOH CX2

今年一番に咲いたバラはオールドブラッシュでした。
蕾が膨らんだと思ったら一気に咲いてしまいました。
気温が高いのでもうこんなに開いてしまっています。
開ききる前の綺麗な状態を撮り逃がしてしまいました。

さて、この後に続くのはどのバラかな?
今の蕾の具合ではレディ・ヒリンドンかメアリーローズといったところ。
楽しみです。
posted by atomzizi at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

ヒメツルソバ

himeturusoba091129.jpg
E-620+ZD14-54mmF2.8-3.5

生えなくてもよいところまで蔓延ってもはや雑草の感があるヒメツルソバ。
こんな時期でもいっぱい咲いています。
花は可愛いんですけどねぇ。

バラの寒肥を施す時期がやってきました。
そろそろつるバラの誘引もはじめないと・・・
作業は大変ですが春の花の頃を思い浮かべて頑張ろ!
posted by atomzizi at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

最後の秋バラ、コーネリア

夏以降もポツポツと咲いていたコーネリア。
弓なりに伸びたベーサルシュートの先にたくさんの花が咲いている。

cornelia091129_2.jpg
E-620+ZD14-54mmF2.8-3.5
夏の花より大きくて色も濃い。

cornelia091129.jpg
E-620+ZD14-54mmF2.8-3.5
反対側から撮ると背景のせいか図版のバラのようです。
このレンズ逆光に強くていいですね。
posted by atomzizi at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

冬のバラとネリネ

このところの寒さにも負けずメアリーローズが咲き続けています。
そろそろ蕾のままで終わるものも出そうです。
あまり咲かせて体力を消耗させては可哀相なので12月に入ったら蕾は摘んでしまいましょうか。
そろそろ誘引のことも考えなくてはいけませんね。

maryrose091121_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro

maryrose091121_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro
これはアートフィルターのファンタジックフォーカスという機能を使って撮った
メアリーローズ。

丁度ネリネが満開なのでアートフィルターを使って撮り較べてみました。
nerine_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro
こちらはノーマルで撮影。

nerine_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro
ファンタジックフォーカスで撮影。
そうそう使うことはないと思いますが面白い機能ではあります。
でも使わないとそのカメラ使う意味がないじゃんという声も・・・
もう少し使い込んで慣れないといけませんね。
posted by atomzizi at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

秋桜

昨晩海ぱぱから「花さじきへコスモスの写真を撮りに行きませんか」とお誘いを受け
朝から出かけてきました。
天気予報では晴れのはずだったのに空は薄雲に覆われて明るい曇り空といったところ。

cosmos091024_1.jpg
E-3+50-200mmF2.8-3.5
広大なコスモス畑をのんびり見て回る。
どうやら晴れる気配はなく、とりあえず定番のピンクのコスモスを撮影。

cosmos091024_2.jpg
E-3+50-200mmF2.8-3.5
そして花を裏から。
逆光で撮ったのに晴れた陽射しの透け感はなく順光みたい。

cosmos091024_4.jpg
E-3+50-200mmF2.8-3.5
ピンクのコスモス畑に白いコスモスが混じり良いアクセントに・・・

cosmos091024_5.jpg
E-3+50-200mmF2.8-3.5
黄色いコスモス畑印象的でした。

cosmos091024_6.jpg
E-3+50-200mmF2.8-3.5
青い空と海をバックに撮りたかったなぁ!
また来年挑戦です。

海ぱぱお疲れ様でした。
いろいろお世話になりありがとうございました。
またよろしくです<(_ _)>
posted by atomzizi at 19:28| Comment(3) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ギンモクセイとキンモクセイ

ginmokusei091021.jpg
勤務先の構内のギンモクセイがキンモクセイに少し遅れて今満開です。
棟の入り口右にキンモクセイ、左にギンモクセイが植わっていてそこを通ると二種の香りの
洪水に溺れてしまいそうです。

kinmokusei091021.jpg
キンモクセイは50本以上植わっているのにギンモクセイは僅か3本です。
手に入り難いんでしょうか?
ギンモクセイはキンモクセイの母種だということですが・・・

社内の誰もギンモクセイが植わっているのを知りません。
確かに白い小さな花は目立たないし、香りもキンモクセイに負けていますからね。

E-510+35mmF3.5マクロ
posted by atomzizi at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ツルハナナス

yamahoroshi090825.jpg
E-3+50mmF2.0+EC-14

ゴンちゃん家の垣根から歩道へ大きく張り出して咲くツルハナナスを早朝6時過ぎ
朝日があたるのを待って撮影した。

通称ヤマホロシと呼んでいるが日本に自生しているヤマホロシではない。

名前のことはさておいてブルーで咲いた花はやがて白色に退色し、その濃淡の花が
房になって風に揺れる様子は心に沁みる。

posted by atomzizi at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

ゲラニウム

gera.jpg

六甲ガーデンテラスで撮ったもの。
フウロソウの仲間だが花径ははるかに大きく濃いブルーが花壇を覆っている様子は
見事。
個人的には山で見るフウロソウの方が好きだが、花壇に持ってくるのは躊躇われる。
山の花は山で見るのが一番。

で、ゲラニュウム、来年庭で咲かせてみよう。隣にデルフィニウムを植えて一角を
ブルーガーデンにしようか。
posted by atomzizi at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

フェリシア

フェリシアの二番花が咲いています。
春の一番花はバラゾウの被害でほとんど全滅状態でした。
虫に好かれるのか毎年フェリシアは痛い目にあっています。
おかげで隣のメアリーローズは無傷なんですけどね。


fericia090616.jpg
フェリシア(HMsk)
こんなに房咲きになります。
一枝でもブーケになりそうです。


fericia090616_1.jpg
咲き始めは花弁の裏と表の濃淡がはっきりしています。
今年はオベリスクに仕立てましたがちょっと窮屈そう。
来年はもう少し伸び伸び咲かせてあげましょうかね。
posted by atomzizi at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

品種はなんでしょう?

species090606.jpg
2年前西区のワイン城の近くの道路法面で咲いているのを見つけました。
花が終わった後ひと枝切って挿し木したものです。
この写真を見る限りまんまバレリーナですよねぇ。


species090614_2.jpg
始めはこんなに濃いピンクで咲きます。やがて退色して薄いピンクに。
そんなところもバレリーナっぽい。


species090614_1.jpg
蕾を見ると毛がびっしりとあるのでその辺がバレリーナではないような。
返り咲きしているのを見たことないし・・・
いったい何という品種でしょう?誰か教えて!!

posted by atomzizi at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

クレマチス

バラとのコラボが終わって庭はクレマチスの一人舞台になった。
でも、バラも早いものは二番花の小さな蕾を上げています。
品種によっては二番花の方が綺麗なのもあるんです。
二番花が咲くまでしばらくクレマチスを楽しむことにしましょう。


mg090606_1.jpg
マーゴットコスター(ビチセラ)


mg090606_2.jpg
みんなあっちを向いています。
posted by atomzizi at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ

長い上に舌を噛みそうな名前で覚えきれませんね。
昨日に続きイングリッシュローズの紅花です。
ウィリアムに較べるとやや明るい紅で華やかさがあります。
蕾の状態が長く続いてくれると嬉しいのですが一日でパッと開いてしまいます。

tessofthedubervilles090529.jpg
テス・オブ・ザ・ダーバーヴィルズ(ER)


tessofthedubervilles090530_.jpg
蕾の時はしっかり上を向いているのに開花と共に俯いてしまう。


tessofthedubervilles090530.jpg
これらの紅いバラが咲くと庭がグッと引き締まります。
接木して2年目、これからどんな風になって行くのか楽しみなバラです。
posted by atomzizi at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

ウィリアム・シェークスピア2000

ちょっと事情があってブログの更新が出来ませんでした。
庭のバラも一通り咲き終わり、遅咲きのザ・フェアリーやドロシー・パーキンスが
ようやく咲き始めました。


williamshakespeare200009052.jpg
ウィリアム・ショークスピア2000(ER)
29日に開きはじめた上の蕾が翌朝にはもう下のような花になっていた。


williamshakespeare200009053.jpg
ウィリアム・ショークスピア2000(ER)
花弁はベルベットのような光沢があります。
全開すると蕾の時と同じ花と思えないほどインパクトがありますね。
posted by atomzizi at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

数少ないフロリバンダとティローズ

princessaiko090529.jpg
プリンセス・アイコ(FL)
育てている多くのバラはカップ咲きやロゼット咲き。
花弁が反り返る剣弁高芯咲きのバラはティファニーとプリンセス・アイコとブルームーン
ぐらいかな。
好きな花型のタイプにどうしても偏ってしまうんですよね。


ladyhillingdom090529.jpg
レディヒリンドン(T)
やわらかい黄色からクリーム色に退色してゆく。
開花とともに紅茶の香りが広がる。
posted by atomzizi at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

フランソワ・ジュランビル

francoisjuranville090527.jpg
フランソワ・ジュランビル(CL)
やや遅咲きのフランソワが咲き始めました。
テリハノイバラの血を持っているので照り葉でつるがびゅんびゅん伸びます。
あまりに伸びすぎてフェンスでは持て余すほどです。
フェンスを行ったり来たり折り曲げて誘引していますが、そのため横に植えて
あるパットが隠れてしまって表から見えなくなってしまいました。
この冬は誘引の仕方を考え直さないといけませんね。



pataustin090527.jpg
パット・オースチン(ER)
こんなに綺麗に咲いているのにフランソワに邪魔されて表からは見えません。
冬に強剪定したことも影響しているみたい。
うーん来年はつる仕立てにしてみるか?フランソワの誘引を変えるか?
嬉しい悩み事が増えたぞ!
posted by atomzizi at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

少し遅れて咲きました。

louuisodier090525.jpg
ルィーズ・オディエ(B)
花型香りとも文句なしの素晴らしいバラ。
昨年の夏テッポウムシに入られて枯らしてしまった。
この冬偶然ホームセンターで大苗を見つけたのですぐ購入。
今度は大切に育てないとね。


queenofsweden090525.jpg
クィーン・オブ・スェーデン(ER)
シュートは真っ直ぐ上へと伸びてゆくので場所をとらない。
それに咲き始めから終わりまで花型が崩れない。


scepter'disle090525.jpg
セプタード・アイル(ER)
イングリッシュローズ特有のミルラの濃厚な香りがある。
鉢から地へ移されて少し機嫌が悪いのか去年はシュートを出さなかった。
今年はよいシュートを出して欲しいもの。


posted by atomzizi at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク

挿し木からとは思えないほど毎年シュートを長く伸ばす。
あまりに伸びすぎて冬の誘引は鋭い棘との格闘にいやになるほどだ。
でも、こうやって咲いたのを見るとそんな苦労も忘れさせてくれる。


paul'shimalayanmusk090523_3.jpg
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク(HMsk)

paul'shimalayanmusk090523_2.jpg


paul'shimalayanmusk090523_1.jpg

桜を思わせるような道路側からの満開写真はまたの機会に・・・
posted by atomzizi at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

イングリッシュローズ3種

イングリッシュ・ローズの開花ラッシュです。
気温が高いので咲き急ぎ、散り急いでしまうのでゆっくり花型と香りを愛でる
ことが出来ません。
バラの咲く時期は仕事を休んでバラに囲まれていたいというのが正直な気持ち。


pataustin090520.jpg
パット・オースチン(ER)
かなり特異な色合いのバラ。この春はオレンジが濃く咲いたようです。


johnclare090520.jpg
ジョン・クレア(ER)
クリアピンクの小振りで可愛い花。たくさん枝が出て花つきはすこぶる良い。


ambridgerose090520.jpg
アンブリッジ・ローズ(ER)
杏色をした香りの良い花はやがてロゼット咲きになる。

posted by atomzizi at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする