2011年04月28日

オダマキ

先日からの吹き荒れた雨と風でバラにも少し被害が出ました。
飛んできた洗濯物がバラを直撃して根元から折れたり、誘引した枝に引っ掛かって伸びた芽が折れたりと
散々です。
でも、そんなバラの足元でオダマキが綺麗に咲いています。


odamaki110428_2.jpg
E-5+ZD50mmF2.0Macro
海ぱぱから頂いたオダマキが増えてあちこちで花を咲かせはじめました。
繁殖力の強い植物です。


odamaki110428_1.jpg
E-5+ZD50mmF2.0Macro
写真を撮っていたらまた雨が降り出しました。
こんな天気の日は寝転がるわけにはいかないのでライブビュー撮影が便利です。
普段はあまり使うことがないのですがこういう時に使わないと折角の機能がもったいないですね。
posted by atomzizi at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

つるバラの剪定と誘引

この三連休はバラの剪定と誘引に専念です。

sente110108_1.jpg
RICHO CX2
剪定前のコーネリア、まだ幾ばくかの花を咲かせています。
伸ばし放題にしていたのでずいぶん枝が暴れてしまいました。


setei110108_2.jpg
RICHO CX2
剪定後の姿、すっきりして向こうの景色がよく見えます。
落とした枝は45Lごみ袋一杯分になりました。


coelia.jpg
RICHO CX2
で、初夏にはこのようになる予定です。(2010年6月1日撮影)

隣のフランソワジュランヴィルの剪定と誘引を済ませたところで夕暮れを迎えタイムリミット。
こちらの剪定枝はごみ袋2杯分ありました。
重労働ですが初夏の開花の姿を想像しながら誘引していくのは楽しいものです。
ただ想像通りといかないことの方が多いですが・・・


yuhi110108.jpg
RICHO CX2
夕日も「お疲れさま」と言っているようでした。
posted by atomzizi at 21:57| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

寒さに震えるネリネ

泉台では雪が舞いました。
庭のネリネも震えています。
予報では明日はもっと冷え込むそうです。
元旦は雪だるまのマークがしっかりついています。
雪のお正月になるのでしょうか。

nerine101230.jpg
E-510+ZD35mmF3.5Macro
今年一年 拙ブログに来ていただいてありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
寒さが一段と厳しくなっています。
皆様 風邪などひかれませぬように!
posted by atomzizi at 17:43| Comment(6) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

最後のバラ

今年の異常な暑さで地植えはともかく鉢植えのバラはかなりのダメージを受けました。
おまけにテッポウムシにやられたものも4本ぐらいあって少し落ち込んでいます。
庭ではまだポツポツとバラが咲いていますが、そろそろつるバラの誘引を始めないと・・・

buffbeauty101211.jpg
E-510+ZD35mmF3.5 バフビューティ (HMsk)
夏の間は花を休んでいたけど秋からは春と変わらないぐらい咲いてくれた。
posted by atomzizi at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

紫陽花

昨日土・日は晴れマークだったのに今日は曇りマークに変っています。

緑道のアジサイが満開です。
合歓の花が咲き出したらまもなく梅雨明け・・・

ajisai2.jpg
E-620+ZD50mmMacro+EC14


ajisai1.2.jpg
E-620+ZD50mmMacro+EC14
上の画像をソフトでレタッチしてみました。


ajisai3.jpg
E-620+ZD50mmMacro+EC14 ファンタジックフォーカスモード
レタッチに時間をかけなくてもカメラ任せで十分ですね。

それにしても天気は今後どう変っていくのでしょうか?
気がかりです!
posted by atomzizi at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

セレスティアル

天気が続いてバラの花も一気に終盤へ突入。
写真は撮ったのにリアルタイムでアップできなかった可愛そうなバラもありました。


celestial100603_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro セレスティアル(A)
香りの良いバラです。
その分花の命は短くてあっという間に咲き終わります。
こんな綺麗な状態は半日しか持ちません。
油断していると見逃してしまいます。気がついたらパーと開ききっていることが多いです。
一季咲きなので次にお目にかかれるのは来年です。


celestial100603_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro セレスティアル(A)
開ききって退色した花。これはこれで良いのですが・・・
posted by atomzizi at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

フランソワ・ジュランヴィル

francoisjuranville100603_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro フランソワジュランヴィル(CL)
棘が少なめの枝はよく曲がるので誘引はし易い。
クシュクシュとした花びらは世間のバラのイメージから遠いかも。


francoisjuranville100603_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro フランソワジュランヴィル(CL)
蕾が開き始めた時からこんな感じ。



francoisjuranville100603_3.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro 
フランソワジュランヴィル(CL)
小さめの照り葉の間から自由奔放に蕾を伸ばす。



francoisjuranville100602_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro フランソワジュランヴィル(CL)
夕日に透けた花びらもいいですね。


francoisjuranville100602_3.jpg
RICOH CX2 フランソワジュランヴィル(CL)
淡いピンクに退色した花と濃いピンクの蕾の対比もいい。

とにかく枝が良く伸びる、花を咲かせながらもうシュートを伸ばし始めた。
放任していると収拾がつかなくなってしまうので、今年は早めに古い枝を切って
しまおうと思う。
今はフェンスに沿って横へ横へ伸ばしているが冬の誘引の仕方を考えないとだめかな。
posted by atomzizi at 21:12| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

ピエール・ド・ロンサール

pierrederonsard100603_2.jpg
RICOH CX2 ピエール・ド・ロンサール(CL)
普通の蕾。後ろで咲いている花も通常の形である。


pierrederonsard100603_1.jpg
RICOH CX2 ピエール・ド・ロンサール(CL)
こちらの蕾はよく見ると花びらの縁が細かくギザギザになっている。


pierrederonsard100602_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro
開ききるとこんな花に。縁のギザギザはまるでカーネーションみたいである。
下の花と比べると色合いは同じだが花びらがまったく違う。
まるで別の品種のようだ。

pierrederonsard100602_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro
同じ木で全然イメージの違う花が咲いている。
枝変わりでこんな花型が出たのか、たまたまなのかよく分からない。
ピエールの枝変わりで白い花のブラン・ピエール・ド・ロンサールというのがある。
花が終わったら次はどんな花が咲くか挿し木して育ててみようかと思っている。
どんな花が咲くか興味があるが、案外普通のが咲いたりして・・・
posted by atomzizi at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

ルィーズ・オディエ

louuisodier100601_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ルィーズ・オディエ(B)
朝の顔。花型も香りも最高の部類に入るんじゃないでしょうか。
我が家では一番に黒点病に罹るようです。


louuisodier100601_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ルィーズ・オディエ(B)
夕方の顔。短くしても伸ばしてもちゃんと咲く。
今は短く剪定しているがどこか場所を見つけてつる仕立てにしたいと思う。

こう毎日次から次へ咲くとブログへのアップが追いつきません。
こんな嬉しいことは次の雨が来るまで。
それまではたっぷりバラの香りのシャワーを浴びることにしよう!
posted by atomzizi at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

イングリッシュローズ

5月中旬までは雨が多くおまけに風も強く吹いてバラも散々痛めつけられましたが、
その後天気が続きバラたちも喜んでいるようで次々と開花しています。
小出しにしようかと思いましたが、ええっい一挙にアップです。

williamshakespeare200010060.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ウィリアムシェークスピア2000(ER)
開花が進むにつれ深いワイン色に染まっていく。

williamshakespeare2000100601_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ウィリアムシェークスピア2000(ER)
開き始めた赤い蕾の時も美しい。


bowbells100601.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ボウベルズ(ER)
イングリッシュローズとしては花弁の数は少なめ。
枝が細いので俯いて咲く。


charlotta100601.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro シャルロット(ER)
カップ咲きで外側の花びらが淡いクリーム色、中心に向かって濃い黄色になる。
ティーの香りも心地よい。


johncare100530.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ジョンクレア(ER)
とにかく花を次々と咲かせる。香りは淡い。


abrahamdarby100601.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro アブラハムダービー(ER)
四季咲き性が強く香りもフルーティ。秋遅くまで咲き続ける。


scepter'disle100601.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro セプタードアイル(ER)
イングリッシュローズ特有のミルラの香りのバラとして有名。


maryrose100531_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro メアリーローズ(ER)
つる仕立てにしている。花はどんどん咲き進み散り際は潔い、はらはらと散らず
バサッと落ちる。
もう少し花持ちがよければ・・・
posted by atomzizi at 22:26| Comment(1) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

クィーン・オブ・スェーデン

queenofsweden100531_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro クィーン・オブ・スェーデン(ER)
ようやく咲き始めました。樹形は直立でシュートは真っ直ぐ上へ伸びる。
場所をとらないので狭い庭でもOK。


queenofsweden100531_3.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro クィーン・オブ・スェーデン(ER)
花型はあまり崩れず散り際までこの形を保つ。
ちょっと香りが弱いのが難点かな。

queenofsweden100531_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro クィーン・オブ・スェーデン(ER)
posted by atomzizi at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

ストロベリー・アイス

午前中はマンションの管理組合の定期総会に出席。
遠出は出来ませんでした。
初夏の蝶は来週辺りがいいでしょうから(たぶん)今日はバラの世話に専念しました。

strawberryice100530.jpg
RICOH CX2 ストロベリー・アイス(FL)
白い花びらの縁をピンクに染め少し波打つフリルの愛すべきバラ。
ただ惜しいのが香りがないところ。
つる仕立てにしてやろうと目論んでいるのだがいまのところ長いシュートを伸ばす気配なし。



ballerina100530_2.jpg
RICOH CX2 バレリーナ(HMsk)
咲き始めの濃いピンクと白く退色した花が混じる。


ballerina100530_1.jpg
RICOH CX2 バレリーナ(HMsk)
株全体を覆うようにびっしりと花をつける。これで半分ぐらい咲いたかな。
posted by atomzizi at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

ポールズ・ヒマラヤン・ムスク

ポールが咲き始めました。
満開になると桜の花が咲いているように見えます。
花が終わって散るところもまるで桜吹雪のようです。

paul'shimalayanmusk100527_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ポールズ・ヒマラヤン・ムスク(HMsk)
顎が割れて小さなボールの蕾が開いてゆく。


paul'shimalayanmusk100527_2.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ポールズ・ヒマラヤン・ムスク(HMsk)
中心の若草と黄色い蕊と花びらのピンクのグラデーションが美しい。
いつもならすぐに退色してしまうのに今年は低温が続いたおかげでこんな美しい花が
長く楽しめた。


paul'shimalayanmusk100527_3.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ポールズ・ヒマラヤン・ムスク(HMsk)
二日もすると花は白っぽいピンクに退色し、やがてはらはらと散ってゆく。
posted by atomzizi at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

つるアイスバーグ

小さな小さな挿し木苗から3年、やっと綺麗な花が咲きました。

iceberg100526_2.jpg
RICOH CX2 つるアイスバーグ(CL)

iceberg100526_1.jpg
RICOH CX2 つるアイスバーグ(CL)
純白の花が風に揺れる様は本当に美しい。


cornelia100526_2.jpg
RICOH CX2 コーネリア(HMsk)

cornelia100526_1.jpg
RICOH CX2 コーネリア(HMsk)
一枝でも花束になりそうなほど房咲きになる。
後方の赤いバラはウィルヘルム。
posted by atomzizi at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

グラハム・トーマス他

昨日の強風でグラハムの枝が7本折れでしまいました(泣)
パット・オースチンは花首が折れるし・・・
散々な目にあったバラたちですが、それでも頑張って咲いてくれています。

grahamthomas100525.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro グラハム・トーマス(ER)
今年のグラハムは枝折れしても気にならないぐらいたくさんの蕾をつけている。


pataustin100525.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro パット・オースチン(ER)
咲くタイミングが強風と重なり多くの花は傷だらけ。


royalbonica100525.jpg
RICOH CX2 ロイヤル・ボニカ
次から次へと蕾を上げ、年中咲いている。


royalbonica100525_1.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro ロイヤル・ボニカ
ケーキの飾りのような可愛い花だが香りがないのがちょっと残念。

prosperity100525.jpg
RICOH CX2 プロスペリティ(HMsk)
ハイブリットムスク系統はつるを伸ばしても切っても咲いてくれるので
扱いやすい。

harugasumi100525.jpg
RICOH CX2 春がすみ(CL)
例年バラゾウムシにやられて花が見られない、でも今年は被害も少なく可愛い花を
見ることができた。
posted by atomzizi at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

雨と強風!バラは大丈夫?

朝から風がゴーゴー吹いています。
ベリーママからは「枝が折れた」とメールが。

cornelia&wilhelm100522.jpg
RICOH CX2
昨日撮ったウィルヘルムとコーネリア。
今日の強風でどうなっているのでしょう。
明日見るのが怖い!!
枝が折れてなかったら良いけど・・・


maryrose100523.jpg
RICOH CX2
今朝のメアリーローズ。
夕方見たら風で花びらが半分になっていました。
雨も嫌だけど風はもっと嫌ですね。
posted by atomzizi at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

カクテル

ハナの庭で一番早く咲き始めたカクテルだが綺麗な花の写真がなかなか撮れずにいた。
今は株いっぱいに咲いているのでじっくりと綺麗な花を探すことができる。

cocktail100521.jpg
E-620+ZD14-54mmF2.8-3.5
開き始めたカクテルの弁底は黄色い。

cocktail100521_2.jpg
E-620+ZD14-54mmF2.8-3.5
半日もすると黄色から白へ変わっていく。

cocktail100521_3.jpg
E-620+ZD14-54mmF2.8-3.5
今朝の全体像。
庭の中でここは特に華やいでいる。
posted by atomzizi at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

ヒマラヤの青いケシ

ゴンママから「青いケシの花が2輪咲いたらしいよ」とメールをもらったのが昨日。
で、雨上がりの今日仕事帰りに寄ってきました。

betonicifolia100520.jpg
E-620+ZD50mmF2.0Macro

話には聞いていたけど現物を見るのは初めて。
ヒマラヤの空を映しているのでしょうか吸い込まれそうな青です。
暑さに弱いらしいので栽培は難しいんでしょうね。
posted by atomzizi at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

初夏の陽気に

気温の低い日が続いてなかなか開かなかった蕾もやっと開き始めました。
咲きたくて咲きたくてうずうずしていた蕾たち。
これからどんどん咲いていくことでしょう。
週末が楽しみです。

pierrederonsard100517.jpg
RICOH CX2 ピエール・ド・ロンサール(CL)
花持ちがよく咲き揃うととっても豪華。
今年はピンクの色淡く、優しく咲いた。


lavenderlassie100517.jpg
RICOH CX2 ラベンダー・ラッシー(HMsk)
顔を近づけたら優しい香りが・・・


cornelia100517_1.jpg
RICOH CX2 コーネリア(HMsk)
赤い蕾がほころびるとピンクの花が顔を出す。


cornelia100517_2.jpg
RICOH CX2 コーネリア(HMsk)
後ろに控えた蕾の数、全部咲いたら見ごたえあるでしょうね。
posted by atomzizi at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

離宮公園のバラ

午前中に須磨離宮公園のバラ園を見に行ってきました。
バラ園に入った途端偶然に海ぱぱ夫妻に遭遇。
バラ好きの考えることは一緒ですなぁ。

fantan100516.jpg
RICOH CX2 ファンタンラトゥール
バラ園の中で最も気になる品種の一つ。
色、花型、香り全てが最高!
一季咲きなので次に会えるのは一年後。
それがよけいに気持ち惹かれる理由の一つかもしれない。
posted by atomzizi at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする