2007年09月25日

十五夜

jugoya070925.jpg
ベランダから見た月

今日は十五夜。
昼まではあんなに厚い雲に覆われていた空も夕方からはすっきりと晴れ
渡り、陽が西に沈むのと交代に東の空に月が昇った。
食事を終えベランダへ出てみると真っ黒な空にまん丸の月が輝いていた。
昔はうさぎが餅を搗く模様に見えたのに、今はどう見てもそんな風に見え
ない。
年とともに想像力も浪漫もなくなったのかな。
posted by atomzizi at 20:38| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

十五夜
Excerpt: 十五夜月見(つきみ)とは、月を眺めて楽しむこと。観月(かんげつ)とも言う。狭義には、旧暦8月15日 (旧暦)|8月15日(十五夜)と9月13日 (旧暦)|9月13日..
Weblog: もえかの記録
Tracked: 2007-09-26 05:57