但馬地方の渓谷と高原を歩いてきました。
7月末同様今回も晴れ男の海パパに同行していただきました。
その甲斐あって現地へ着くころには真夏の日差しが照りつける絶好?の
一日でありました。(暑かった。曇っているぐらいがよかったよー)


輝く滝の飛沫を浴びながら・・・


滝へ続く道の足元にひっそりと咲くハグロソウ。


高原へ向かう途中立ち寄った幹回り14.5mものカツラの巨木。
木の下へ立つとその存在感に圧倒される。


高原のヨツバヒヨドリの花で吸蜜するジャノメチョウ。
この蝶が飛び出すと夏の蝶もそろそろ終わり。


ツリガネニンジンはススキの草原の中で長い茎を伸ばしていた。


少し遅めの昼食は山菜てんぷらと千が峰そば。
てんぷらはフキ、ドクダミ、ユキノシタ、ゲンノショウコ、ヨモギとナス。
割合手に入れやすい食材ですが家ではなかなか作れません。
どれも癖がなく美味しくいただきました。
暑い中同行してくださった海パパありがとう。
さて、次回の出撃はいつになるやら・・・