シロバナセンダングサの咲く海岸近くではたくさんの蝶が舞っていました。
でも目標にしていたサツマやヤクルリは見ることができず、居るのはウラナミシジミばかり。
ウラナミはスルーしてヒメアカタテハとキアゲハの吸蜜に絞ってカメラを向けました。


E-M1MarkⅡ+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
翅表の色がこの日一番濃かったヒメアカタテハ。



E-M1MarkⅡ+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
帰り際に教えてもらったセンダングサポイントに寄り道しましたがサツマやヤクルリの姿は
ありませんでした。
ここでもヒメアカタテハが次々と吸蜜にやってきました。



E-M1MarkⅡ+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
この個体は翅を広げたままポージングする良い子でした。
神戸ではこれほどのシロバナセンダングサの群落を見ることないので、この機会にじっくりと
撮影を楽しみました。



E-M1MarkⅡ+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
意外と撮りにくい横顔もなんとかゲットできました。



E-M1MarkⅡ+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
キタテハもやってきました。



E-M1MarkⅡ+ED40-150mmF2.8PRO+MC14




E-M1MarkⅡ+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
キタテハは柿が熟すのに合わせるように赤くなり翅の切れ込みもより深く裏面は暗色に
なるのですがこの時期はまだ夏型っぽい感じに見えますね。