2017年09月09日

懲りずにまたまたシルビア詣

午前中にムラツの探索をしたけれど確認できず、その足で昨年クロマダラソテツシジミが発
生していたS園を訪ねてみました。
美味しそうなソテツの新芽が伸びていましたが食痕はなく、どうやら今年はやって来なかった
ようです。
午後はいつものようにシルビアシジミの様子を見に出掛けてきました。

silvia20170909_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
時刻は4時半、いつもより少し遅くなりました。
草叢を歩くとあちこちにとまっているシルビアが見えます。
枯れた花枝の先に複数のシルビアがとまっているのが見つかりました。
1頭は逆光に縁毛が青く輝いています。


silvia20170909_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
4頭もとまっていて、まるでシルビアの成る草です。


silvia20170909_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
その中の一番大きなシルビアが翅を開きました。


silvia20170909_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14



silvia20170909_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
すぐ傍にメスもいました。


silvia20170909_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
5時を回ったのでそろそろ帰らなくてはいけません。
でも、綺麗なシルビアが見つかったのでもうしばらく粘ってみることにします。
10分経ちましたそろそろタイムリミットです。
それでも名残惜しくてぐずぐずと眺めていたら翅が緩んできました。


silvia20170909_7.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
慌てて左側へ回り込んで青い翅表を撮りこれで本当に撤収です。
posted by atomzizi at 21:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]