2017年09月02日

四国遠征1

kadowakiさんvyvさんと一緒に四国へ遠征してきました。
ルーミスシジミとヒサマツミドリシジミのメス狙いです。

hisamatsu20170902_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
8時前に谷筋を上がってポイントへ着いてすぐに河原で吸水しているヒサマツのメスが見つかりました。
しかしその後が続きません。


hisamatsu20170902_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
1時間近くしてやっと別個体が射程内に降りてきました。
前翅が大きく破損した個体でした。
少し開翅しているのでしょう赤紋がうっすらと透けて見えています。

その後もヒサマツは飛ぶものの我々の前に降りてくることはありませんでした。
それに待てど暮らせどルーミスがなかなか姿を見せてくれません。
仕方がないので各自思い思いの場所に分かれて粘ることにします。
自分の見ている場所ではルーミスが現れず、kadowakiさんが陣取っている場所を尋ねると
そこそこ飛んでいるというので近くで待つことにしました。


rumisusijimi20170902_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
待っていると突然上からルーミスが降りてきて目の前の岩にとまりました。
真上からの位置なので横顔を撮ろうと場所を移動しかけたらいきなり開翅しました。


rumisusijimi20170902_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
徐々に全開していくので少しずつ間合いを詰めて大きく撮ることができました。
今日初めてのルーミスの開翅に気持ちも盛り上がります。


rumisusijimi20170902_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ところがやはり後が続かず次に現れたのは僅かにV開翅しただけ。


rumisusijimi20170902_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
kadowakiさんが岩にとまったルーミスを撮っていたので、反対側から便乗させてもらい
やっと横顔をゲット。


rumisusijimi20170902_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
この子は吸水のため流れの中へ顔を突っ込むように岩の上を歩いていきました。

お昼を過ぎたのでそろそろ撤収という時思わぬハプニングが・・・
流れの向こうへ降り立ったルーミスを追いかけて流れの中の石を伝って渡ろうとしたら
足を滑らせて右半身を下に流れに転落。
もちろん右手に持っていたカメラは水没です。
でも、そこはオリンパスの優秀な防塵防滴のカメラとレンズですからタオルで拭けば何事も
無かったように普通に使い続けることができたのでした。
もちろん帰宅後念のため乾燥させてます。
人間慌てるとろくな事がありませんね。
posted by atomzizi at 23:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]