2017年08月14日

真夏のシルビア

夏季休暇の間に遠出をしたかったのですが、所用が立て込んでついに出かけることができません。
ならば近場でもといつものコースを廻ってきました。
待ち合わせたわけではないのですが午後3時前シルビアポイントへvyvさんがやって来ました。

silvia20170814_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
田んぼの畦のクズの葉にとまる新鮮なシルビアを発見。
気温は高いですが曇り空が幸いして開翅してくれました。


silvia20170814_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ここではこの1頭だけ。
先週は見かけなかったのでまさに発生初期なのでしょう。
早々にセイヨウミヤコグサ発生ポイントへ移動します。


silvia20170814_8.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ここではツバメシジミが最盛期でした。
例年ツバメシジミが終わる頃交代でシルビアが現れるのが常なので本格的なシルビアの発生は
来週辺りになると思われます。
それでもじっくり探せばシルビアが見つかりました。


silvia20170814_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
上と同じ個体、茶色く熟したセイヨウミヤコグサの莢ににとまる。


silvia20170814_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
セイヨウミヤコグサの花と。


silvia20170814_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
セイヨウミヤコグサとシルビアの定番ショット。


silvia20170814_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
新鮮なのはなかなか開翅してくれませんが、これぐらいスレた個体は結構開いてくれます。


silvia20170814_7.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
午後4時前撤収間際、最後にV字開翅を見せて見送ってくれました。
posted by atomzizi at 21:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]