2017年08月07日

オオゴマシジミU

残ったメスは長時間クガイソウで吸蜜を続け、吸蜜写真ももそれなりにたくさん撮ったので
後は開翅を残すのみとなりました。
オオゴマの新たな個体が谷に居ると言うのでその場を離れて谷を覗き込んでいたら、開翅
待ちでメスの様子をずっと観察していたma23さんの「開いたー!」の声が聞こえました。
慌ててメスの元へ駆け戻ります。
でも、それは一瞬の出来事だったようで戻った時には翅は閉じていました。
残念ですが次の開翅を待つことにします。


oogoma20170805_10.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
少し雲が出て陽射しを遮るとちょっと翅が緩んできます。
翅の隙間から少し青が見えると周囲から「おー!もう少し」と声が上がります。
しかし開翅はここまで。クガイソウから飛び立って谷の下の葉上へとまりました。


oogoma20170805_11.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
全員谷を降りてメスの周りに陣取り驚かさないように静かに開翅を待つことに。


oogoma20170805_12.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
すると願いが通じたのかしばらくしてゆっくりと翅を広げました。


oogoma20170805_13.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ここまで開いてくれるとは、大サービスですね。


oogoma20170805_14.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
しかし足場が安定せずこの位置からはこれが限界でした。


oogoma20170805_15.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
斜め前から狙えるように立ち位置を替わってもらってとりあえず横顔をゲット。
次の開翅を待ちます。


oogoma20170805_16.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
雲が動いて柔らかい日差しになると再び翅を広げてくれました。
距離も少し近くなったのでカメラを持ち上げての撮影です。


oogoma20170805_19.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
翅表と翅裏も写せた最後の写真。これがベストショットになりました。
なんとこの1頭のメスだけで約1時間45分遊びました。
朝、ma23さんと会った時に良い予感がしたのですが見事に予感的中。
やはり持ってる人が居ると違いますねぇ。
それとお名前を聞きそびれてしまいましたがTさんのお知り合いだというカメラマンさん
いろいろとお世話になりました。
お陰で楽しい時間を過ごさせていただきました。
また何処かでお会いした時もよろしくお願いします。
posted by atomzizi at 17:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3年越しのオオゴマミッションとりあえずクリアーですね・・

発生初期の個体も美しくて大満足でした・・

今年の残り少ないミッションもよろしくです・・
(オオボスのキリシマをなんとかしたいですね・)
Posted by vyv at 2017年08月08日 00:02
vyvさん こんばんは 
お疲れ様でした。

今回のオオオゴマミッションの成功は一緒に居た人達の協力の賜物です。
一人だったら多分ここまでの開翅は撮れなかったと思います。

うーん キリシマは難関ですねぇ。
見つけて、降ろして、開翅待ちというわけにはいきませんからねぇ。
発生に消長もあるし・・・

とりあえず残りのミッションを頑張りましょう。
Posted by atomzizi at 2017年08月08日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]