2017年07月26日

ジャコウアゲハ

タイトルはジャコウアゲハですが、成虫ではなく幼虫です。

bara.jpg
E-M1+ED12-40mmF2.8PRO
我が家のバラが満開だった頃ウマノスズクサが茎を伸ばしていました。
花壇に侵入したものは抜いていましたが、右手のコノテガシワの木にツルを伸ばしたものは放置
しておきました。
3週間ほど前から母蝶がやってきて産卵しているのを何度も目撃し卵も確認していたのですが経過
観察を怠っていました。


jakouyouchu20170726_1.jpg
E-M1MarkU+ED30mmF3.5Macro
さて、今日改めてそのウマノスズクサを見るとジャコウアゲハの幼虫が3頭ウマノスズクサを猛烈な
勢いで食しておりました。


jakouyouchu20170726_3.jpg
E-M1MarkU+ED30mmF3.5Macro
大きさからすると4齢か終齢になったばかりかな。


jakouyouchu20170726_2.jpg
E-M1MarkU+ED30mmF3.5Macro
こちらは花壇の横の50cmほどのウマノスズクサにいた中齢幼虫。
前ボケになった幼虫は終齢幼虫です。
茎まで貪り食っておりました。
幼虫の数が多すぎて餌が足りるのかちょっと心配です。
posted by atomzizi at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

すごいですねぇ・・・
そろそろ共食いが始まりそうですね。

幼虫といえば、近くでムラツの初令幼虫を確認しました。
成虫を見ないのはなぜでしょう?
Posted by kadowaki at 2017年07月26日 22:38
こんばんは

間違いなく共食いしそうです。
野外でウマノスズクサの大群落があるのですが、田んぼの畦なので農薬が
心配で採取するのがためらわれます。

ムラツ2回覗いてみましたが確かに成虫を見ませんでした。
当地で越冬を観察していないのでもう少し南で冬を越して夏にやってくるのかな?

Posted by atomzizi at 2017年07月26日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック