2017年07月25日

シルビアシジミ定点観察U

春の1化から2化目が発生する時は端境期があるようですが、その後はダラダラと発生してスレた
個体と新鮮な個体が混じりながら見られるようです。
2週間前はスレが多かった場所も新鮮な個体が見られるようになりました。

silvia20170724_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
花をつけたミヤコグサは少ないですが、貴重な吸蜜源になっています。


silvia20170724_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14



silvia20170724_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
翅を上下にスリスリすると青い翅表がちょっと見え開翅を期待したのですが・・・


silvia20170724_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
暑すぎるのかまったく開く気配なしでした。


silvia20170722_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
こちらはセイヨウミヤコグサで発生しているシルビアシジミ。
だいぶスレています。
とまっている花はセイヨウニシキミヤコグサ。


silvia20170722_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ここでは交尾も見つかりました。
しばらくするとまた新鮮な個体が見られるようになるでしょう。
8月になったらまた観察に来ようと思います。
posted by atomzizi at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック