2017年07月21日

オオミスジとコヒョウモンモドキ

oomisuji20170716_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
朝7時前、複数のオスが羽化兆候のあるメスの蛹の羽化を待っていました。
ジョウザンの撮影を済ませ9時半に確認した時もまだ同じ状態でした。


oomisuji20170716_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
オオミスジは発生のピークに当たったようでそこら中を飛び回っています。
関西では見ることができない種ですが、あまりにも多すぎるとありがたみがないですね。


oomisuji20170716_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
交尾も複数見ることができました。
羽化前からオスが待機しているので野外では未交尾のメスがいるなんてありえないでしょうね。


kohyomonmodoki20170716_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
地面にとまるコヒョウモンモドキ。
花での吸蜜写真も撮りたかったのですが、飛びまわるばかりで撮らせてくれませんでした。


kohyomonmodoki20170716_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
車をUターンさせようと広場に車を突っ込んだら焚き火跡のようなところに蝶影が・・・
コムラサキとコヒョウモンモドキが吸水しているのでした。
近づくとコムラサキは飛んでいってしまいましたが、残ったコヒョウモンモドキは良いモデルになって
くれました。


kohyomonmodoki20170716_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
もう少し粘りたかったのですが雲行きが怪しくなってきたので撤収です。
山の天気の崩れるのは早い。10分経たないうちに本降りになりました。
ぐずぐずしていたらずぶ濡れになるところでした。
posted by atomzizi at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック