2017年06月04日

初夏の蝶たち

ウラゴマダラシジミやヒメヒカゲの観察の時撮影した蝶たちです。

aksijimi20170527_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
アカシジミ初見は27日。
朝コナラの木を叩くと数頭が降りてきました。


mizuiroonaga20170603_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ミズイロオナガシジミの初見は3日。
夕方平地性ゼフを探索するも成果なく諦めて帰宅途中、vyvさんからミズイロが居るとの電話を
いただきUターンしてゲット。


mizuiroonaga20170603_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
コナラの樹上から笹の葉上へ降りてきた新鮮個体でした。
反対側を撮りたいと思っていたら願いが通じたのか体勢を入れ替えてくれました。


rurisijimi20170603.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
まるでウラゴのようなルリシジミの♀。ヒメヒカゲの居る草原で・・


tsubamesijimi20170603_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
シルビアシジミの様子を見に行ったら居たのはツバメシジミ♂。


tsubamesijimi20170603_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
セイヨウミヤコグサの花にとまるツバメシジミの♀
ツバメシジミが終わる頃シルビアの登場となるのかな。


asamaichimonji20170603.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ウラゴの里にはスイカズラが繁茂していて多数のアサマイチモンジが舞っていました。


ichimonjicho20170604.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
4日、自宅近くのウツギの花にはイチモンジチョウがやってきました。
そろそろヒオドシチョウが出てくる頃と思い見て廻ったのですがまだのようでした。
例年だとウツギの花が咲くと見られるのですが・・・


ageha20170603.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ウラナミジャノメを探してうろうろしているとアゲハが木陰で翅を全開してとまっていました。。
お昼近くで人間もバテてくる時間、アゲハも休憩中のようでした。
posted by atomzizi at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

周りを見渡せば多くの種がいて楽しいですねぇ!
相手をしている場合じゃないことが多いけど・・・

今日、ウラギンスジヒョウモンを見ました。ピカピカのオスです!
私にとっては最も普通なヒョウモンですが(ツマグロ除く)、全国的にはそうではないようですね。
Posted by kadowaki at 2017年06月04日 20:25
こんばんは

いわゆる普通種といわれている蝶ですがちゃんと相手をしてあげないといけませんね。
つい絶滅危惧種とかに気持ちがいってしまいますが・・・

先日お会いしたSさんからウラギンスジの話がでました。
関東ではなかなか見られないようです。
シルビアもウラギンスジもこちらでは普通種に近いと思いますよね。

来週は緑色のゼフが見られそうですね。
皆さんいろいろ計画を練っておられるのではないでしょうか!
Posted by atomzizi at 2017年06月04日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450530124
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック