2017年04月18日

4月15日帝釈峡にて

hananekonome20170416_30_1.jpg
E-M1+ED30mmF3.5Macro
渓谷の流れ近く苔むした岩の上に咲いていたハナネコノメ。


hananekonome20170416_30_2.jpg
E-M1+ED30mmF3.5Macro
白い花びらと真っ赤な葯の対比が美しい。
残念なことに花の盛りは過ぎたようで葯が黒くなっているものが多かった。


hitorisizuka20170416_30_1.jpg
E-M1+ED30mmF3.5Macro
遊歩道の土手に咲くヒトリシズカ。


amana20170416_30_2.jpg
E-M1+ED30mmF3.5Macro
アマナが咲いていたのは一ヶ所だけ。


amana20170416_30_1.jpg
E-M1+ED30mmF3.5Macro
アマナの後姿。


junihitoe20170416_30_1.jpg
E-M1+ED30mmF3.5Macro
ジュウニヒトエ。
まだまだ蕾みの株が多く見ごろはこれから。


katakkuri20170416_30_1.jpg
E-M1+ED30mmF3.5Macro
カタクリは群生していることが多いのですがここではポツポツと見られるぐらい。

他にはチャルメルソウやキバナノアマナなども見られました。
帝釈峡はスミレ以外の花も楽しめます。
posted by atomzizi at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449129545
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック