2016年10月30日

クロマダラソテツシジミ6

今日も蘇鉄園へクマソを見に行ってきました。

kumaso20161030_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
オスはたくさん飛び交っていますがメスが見つかりません。


kumaso20161030_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
オスを撮りながらメスを探します。


kumaso20161030_6.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
地上に落ちた蘇鉄の実にとまるクマソ。


kumaso20161030_5.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
30分ほど経ってやっとメスが見つかりました。
僅かに開いた翅からスーパーブルーのメスと分かります。
しかしこのあと翅を閉じたままピクリとも動かなくなりました。
開翅を待っていると蝶友のIさんが来られて声を掛けられました。
メスが居ることを告げて一緒に開翅を待ちますが一向に開翅する気配がありません。
30分経っても動かないのでIさんに影を作ってもらったら見事に反応してソテツを
飛び越して向こう側へ飛び去りました。


kumaso20161030_4.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
慌てて回りこみ草地に着陸したのを確認しましたがやはりじっと止まったままでした。
今度は逃げられないように刺激せず少し離れたところで待つことにします。
しばらくして「開翅した」とIさんから声がかかり、駆けつけると良い感じで開翅しています。


kumaso20161030_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
立ち位置を変え反対側へまわりファインダーを覗くと青が際立って見えました。

だんだんとクマソも活発に飛び回りそろそろ菊の花で吸蜜する時間帯です。
蘇鉄園を出て菊の展示場へ移動します。
kumaso20161030_9.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
先に園を出たIさんが菊の花に来ているクマソを見つけて呼んでくれました。


kumaso20161030_10.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
翅を開くとオスでした。



kumaso20161030_8.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14



kumaso20161030_7.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
こちらはメス。
翅を閉じたままではオスなのか、メスなのか区別できませんね。
他にも菊花とのコラボをたくさん撮りましたが、きりがないのでこのシーンだけアップします。

本日偶然にお会いしたIさん、いろいろとお世話になりありがとうございました。
とても楽しいひと時でした。今後ともよろしくお願いします。
posted by atomzizi at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
菊花の雄もけっこうな低温期タイプ!
でも通常タイプとの違いが雌ほどはっきりしませんねぇ…
Posted by kadowaki at 2016年10月30日 19:21
こんばんは。

低温期型の雌雄の差ですが、メスは後翅肛角の赤班が大きく現れている
ような気がしますがどうでしょう?

昨日は60mmマクロ、今日は150mm望遠で撮りました。
次回、菊花とのコラボは標準ズームレンズで狙ってみようと思います。
Posted by atomzizi at 2016年10月30日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック