2016年10月17日

10月のシルビアシジミ3

クロツ観察の帰り道、シルビアの発生状況の確認に寄り道をしました。
在来のミヤコグサで発生しているところは端境期なのか個体数は少なく、セイヨウミヤコグサで
発生しているポイントへ転戦しました。
納得できる開翅が撮れなかったので翌日の朝も1時間ほど出撃しました。
それでも納得できる全開翅は撮れませんでした。
咲いているミヤコグサの花はそれほど多くはないので吸蜜に訪れる確率の高そうな花を見つけて
しばらく粘ることにしました。

silvia20161016_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
いい感じにとまって吸蜜をはじめましたが最後まで開翅はしてくれませんでした。


silvia20161016_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
少し右に回り込んで。


silvia20161015_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ブッシュの中セイタカアワダチソウで吸蜜するメス。
天気が良すぎて翅の青が綺麗に出ません。


silvia20161015_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
kadowakiさんに影を作ってもらって露出を変えて撮ったもの。
ちょっと影が濃すぎましたが翅の青は表現できたかな。


silvia20161015_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ヨモギの葉上でV開翅するもどうしてもこれ以上は翅を広げてくれません。


silvia20161016_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
セイヨウミヤコグサの葉上での開翅。
やはりここまでしか開いてくれません。


silvia20161016_4.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
あまりにも天気が良く気温が高過ぎなのでしょうか。
全開翅は次回に持ち越しとなりました。
posted by atomzizi at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック