2016年09月12日

キアゲハ

但馬ではヒルトップで占有活動をする数頭のキアゲハが見られました。

kiageha20160910_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
いざ撮影しようとすると別のキアゲハがやってきてスクランブルして行くのでゆっくり
撮ることができません。
何回かチャレンジしてやっと撮影することができました。


kiageha20160910_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
吸蜜ではなく偶然花にとまっただけのようです。
惜しいことに右後翅が欠けています。
しばらく観察していましたがスクランブル後戻ってくるのはこの個体がほとんど。
翅の欠けは勇者の証なんでしょう。


kiageha20160910_3.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
撤収間際メスのキアゲハが吸蜜しているのを目撃しました。
撮影しようと近づくと花から飛び立ちましたが、少し離れた木の葉にとまり翅を広げたまま
じっとしています。
今度は慎重に近づいてマクロレンズで撮影することができました。


kiageha20160910_4_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
後翅の青い紋が大きくて美しいメスです。
ここまで近づいても逃げない時は逃げないもんですね。
以上が但馬でのキアゲハ。

翌日の日曜日、雨の予報に反してよい天気になりました。
やはり天気が良いと出かけなくては!ということでシルビアシジミの観察に向かいました。
道中ヒガンバナが咲いている一角でキアゲハが吸蜜に来ているのに遭遇しました。
すぐ横をバイクで通り過ぎたので一旦花から離れたのですが少し先にバイクを停め、ミラーで
見ていると戻ってきそうな感じでゆっくり辺りを飛んでいます。
しばらく様子を窺っているとやはりヒガンバナに戻ってきました。


kiageha20160911_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
あまり近づいて逃げられては困るので少し遠目から慎重に撮影。


kiageha20160911_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
何度か花から離れましたが少し辺りを旋回してヒガンバナに戻ってきます。
この一角にしかヒガンバナが咲いていないので戻ってくるようです。


kiageha20160911_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
後ろが抜けたところにとまってくれないので飛び立つところも狙ってみました。


kiageha20160911_4.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
飛び立つ瞬間を連射モードに切り替えて。


kiageha20160911_5.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
次のコマはフレームアウトしていました。

たまたま咲いていたヒガンバナとキアゲハのコラボ。
運よく秋らしい撮影ができました。
posted by atomzizi at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック