2016年08月07日

ムモンアカシジミ

あまりの暑さに予定より早目にゴマシジミの撮影を切り上げ、軽く昼食を摂ってムモンアカシジミの
ポイントへ向かいます。
ポイント近くに到着して全員カメラを持って歩き出しますが、誰一人ゼフィルスの撮影時には必携と
なっているはずの叩き出しのための竿や棒を持っていません。
我々の感覚ではゼフィルスの撮影をする時、叩き出しの竿は必需品のはず。
やがて10メートルほど先を歩いていた先頭の方達が茂みに向かってカメラを構えるのが見えました。

mumonaka20160806_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
そこにはほとんど真上からの太陽を受けてとまっているムモンアカシジミが居ました。
尾状突起の影が長く翅に落ちています。


mumonaka20160806_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
少し先にも目線より下のところの日陰の葉の上にちょこんととまっている姿がありました。
最初の疑問、竿がいらないというのを納得することができました。
まったく叩き出す必要がないのです。
高くても手の届くほどの高さ、ほとんどが目線より下に居ました。
たまたまなのでしょうか?昼間は下に降りている習性の蝶なのでしょうか?
初めてのムモンアカなので知識がまったくありません。


mumonaka20160806_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ヒメジョオンでの吸蜜も撮影することができました。
しかし、どうにも難しい位置で吸蜜しているので花かぶりを避けることができません。
何とか空の青と尾状突起が写るところを探し出してみました。


mumonaka20160806_6.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
帰り際に見つけたムモンアカもまともに陽が当たる場所にとまっていました。
あまりにもコントラストが強いのでちょうど蝶友さんが日傘代わりに差していたビニール傘を
日よけにしてもらい優しい写真が撮ることができました。

この日ご一緒した皆様お世話になりました。
この場を借りてお礼申し上げます。
posted by atomzizi at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠征お疲れ様でした。あのポイントでお逢いするとは
ビックリ。
ムモン撮影に叩き棒は、要らないとは我が家もビックリ。栗の木ポイントは、棒必須です。
ヤマキご一緒したかったです。
また来年にでも。
Posted by ka-ko at 2016年08月09日 18:55
ka-koさん こんばんは

叩き棒のいらない今回のムモンアカは特別だったようですね。

また機会がありましたらよろしくお願いします。
Posted by atomzizi at 2016年08月09日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック