2016年07月16日

ハッチョウトンボ

シルビアの観察をしているとvyvさんから「ハッチョウトンボがたくさん出ていますよ」と連絡を
いただきました。
すぐに駆けつけたいところですが、長靴必須とのことで急いで帰宅し長靴に履き替えて急いで
現地へ向かいます。
1時間半後待ち合わせ場所で無事合流。

hachotonbo20160716_11.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
湿地に入るとすぐにハッチョウトンボが見つかりました。


hachotonbo20160716_4_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro



hachotonbo20160716_5_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
写真では大きく写ってますが一円玉ぐらいの小さいトンボです。


hachotonbo20160716_6.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
メスも見つかりました。


hachotonbo20160716_8.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
成熟までもう少しのオス。
だいぶ赤くなっています。


hachotonbo20160716_9.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
未成熟のオス。


hachotonbo20160716_10.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
上の二つの中間ぐらいでしょうか。
慣れないうちはメスと間違えそうになりました。


hachotonbo20160716_7.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
こちらは未成熟のメス。


hachotonbo20160716_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
交尾も見られました。
チョウと違ってハッチョウトンボの交尾時間は極端に短いです。
ピントを合わせる前に交尾が解けることが何度もありました。


hachotonbo20160716_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
アングルがどうの構図がどうのと言ってる暇はありません。
交尾をした瞬間すばやくピントを合わせてシャッターを切るしかありません。
チョウとは勝手がずいぶん違います。
炎天下ふらふらになるまでしっかり遊んでもらいました。
この後、帰宅ついでにシルビアの里へ寄り道をしました。
posted by atomzizi at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック