2016年06月29日

思い立ってクロツの里へ

シルビアの撮影を早い目に切り上げたのは、クロツの里ではきっとたくさんのクロツが舞って
いるに違いないと思ったから。
昨年も同時期に撮影をしているので発生しているのはまず間違いないだろうと現地に急ぎます。

kurotsu20160626_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ポイントについてもクロツの姿が見えずちょっと焦りましたが、何とか1頭のクロツが石崖の上か
ら降りてきてくれホッとしました。


kurotsu20160626_2_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
クロツらしい定番ショットです。
ここではこの1頭だけしか見られず、次のポイントへ移動しました。


kurotsu20160626_5_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
ここでは2,3頭居たのですが翅が破損していないクロツはこの子だけ。


kurotsu20160626_6.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ヒメジョオンで吸蜜するこの子をじっくり狙います。


kurotsu20160626_5.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
何とか開翅しないものかと待ってみますが、やはり吸蜜している時は開翅しませんねぇ。


kurotsu20160626_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
次に飛び移ったの先がチチコグサモドキ?の綿毛。


kurotsu20160626_4_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
最初下向きにとまっていたのが姿勢を入れ替えて上向きになったので試しに右手にカメラ、
左手にLEDライトを持ち開翅を促すためにライトで照らします。
最初は翅を広げたらライトを消して撮ろうとしたのですが、ライトを消すとすぐに翅を閉じてし
まいます。
ライトで照らしたまま撮ってみると僅かに翅が輝いて見えました。
そこでライトの位置をいろいろと変えてみました。
この写真は左下方からライトを照射していますが、画像を180度回転させるとちょうど右上から
太陽光が当たりV字開翅した時に翅が虹色に輝くのに近い状況になりました。
太陽の強い光と違ってLEDでは翅の輝きは弱いのですが、虹色の片鱗が見えたように思いました。
たっぷり遊んで時刻も頃合いになりそろそろ撤収です。
バイクを停めてある所まで戻る途中、草叢の上をクロツが飛んでいるのを見つけました。

kurotsu20160626_8_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
とまったところを見るととても綺麗な個体に思えました。


kurotsu20160626_9_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
ところが開翅したのを見ると翅表には擦り傷が・・・
羽化直でない限り傷無し完品というのは難しいのかな。
この開翅は自然開翅で、強制開翅ではありません。念のため。


kurotsu20160626_11_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
同じところに居た別個体。
この子が多分一番綺麗な個体だったと思われますが、開翅せずタイムアウトです。
慌しい撮影行でしたがバイクのライディングも楽しめて充実した一日になりました。
posted by atomzizi at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック