2015年06月10日

ヒメヒカゲU

この写真を撮らせてもらった場所はヒメヒカゲの保護地です。
採集は絶対しないでください!
採集せず現地でじっくりと観察するか写真に撮るぐらいに留めて欲しいものです。
ヒメヒカゲの翅裏の色合いや眼状紋の変異が密漁の原因の大きな要因となっているの
かもしれません。

himehikage150531_6.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
全体に小さめの紋と前翅の紋が消えかかった一つ紋の個体。


himehikage150531_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
地色がかなり黒っぽい一つ紋。


himehikage150531_5.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
地色が明るく後翅の眼状紋の縁取りの金が太い、前翅は二つ紋。


himehikage150531_3.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
後翅の眼状紋が六つの個体。


himehikage150531_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
メスは前翅の眼状紋の数が多い個体がほとんど。
ヒメヒカゲの変化に富んだ個体差、毎年通っても飽きませんねぇ。
この地の環境と種の保全に力を尽くしてくださっている皆様に感謝です。


himehikage150531_8.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
閉翅からの

himehikage150531_9.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
開翅。


himehikage150531_10.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
終わりかけのテリハノイバラの花にとまるヒメヒカゲのオス。

また、来年も会いに行くことにしましょう。
posted by atomzizi at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック