2013年12月14日

バラの剪定と誘引

蝶のシーズンは終わりましたがバラ栽培のスタートは12月です。
芽が寝ている冬の間につるバラの剪定や誘引の作業を行います。
芽が動き出してからでは大事な花芽を落としてしまうことになるからです。

rose131214_1.jpg
STYLUS TG-2
今日はラベンダーラッシーの剪定と誘引をやりました。


rose131214_2.jpg
STYLUS TG-2
この時期でもまだ頑張って花を咲かせています。


rose131214_4.jpg
STYLUS TG-2
これから咲こうとする蕾もありました。
でも、誘引をするために花も実も葉っぱもすべてむしり取り、古い枝や元気のない枝はバンバン
切り落とします。


rose131214_3.jpg
STYLUS TG-2
夏に咲いた花ガラを摘まずに置くとこんな実がなります。
ノイバラと違って親指の先ほどもある大きな実です。


rose131214_5.jpg
STYLUS TG-2
そして改めて誘引し直した姿がこれ。
落とした枝と葉は45Lのゴミ袋いっぱいになりました。
来年の初夏にはきっと美しい花を見せてくれることでしょう。
posted by atomzizi at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック