2011年06月07日

フランソワ・ジュランビル

francoisjuranville110603_2.jpg
E-5+ZD50mmF2.0Macro+EC-14
蕾が膨らんでくるとどんな花が咲くのだろうとワクワクします。



francoisjuranville110603_1.jpg
E-5+ZD50mmF2.0Macro+EC-14
弁底を黄色に染めて開き始めたこの頃、少女から美しい女性へと変身します。


francoisjuranville110601_1.jpg
E-510+ZD35mmF3.5Macro
雨に濡れたフランソワ。少し寂しそうに見えるのは気のせい?



francoisjuranville110603_4.jpg
E-5+ZD50mmF2.0Macro+EC-14
すっかり大人の顔になりました。
程よい香りが鼻腔をくすぐります。



francoisjuranville110603_3.jpg
E-5+ZD50mmF2.0Macro+EC-14
綺麗なバラには棘があるといいますがフランソワは棘が少なく付き合いやすいです。
ただ、つるの伸び方が半端でなく傍若無人に伸ばすので冬の誘引は手を焼くかも。



francoisjuranville110606_1.jpg
RICOH CX2
もう長いシュートを伸ばしています。
夏には古い枝をばっさり切って少しすっきりさせないと・・・
posted by atomzizi at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック