2018年03月31日

春の女神の舞を堪能してきました。

今日は先週未発生であえなく撃沈したところへ再度挑戦しました。
今回はkadowakiさんに加えvyvさんも参加のセロー三兄弟での出撃です。
ポイントでしばらく待っても女神は飛んできません。
でも先行の方がすでに1頭見たそうなので、談笑しながら待っているとやがて女神が現れました。

gifu20180331_11.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
まずは定番の地面止まり



gifu20180331_10.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
からの飛び立ち
この個体、左の前縁で黄色が繋がった逆U字の異常型のようです。


gifu20180331_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
やがて気温の上昇と共に女神がやって来てもつれ合うように舞い始めました。
なかなか止まらないのですがたまに止まってポーズをとってくれる子も。


gifu20180331_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
横顔。今朝羽化したような綺麗な個体です。


gifu20180331_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
飛び疲れたのか松葉で休憩。


gifu20180331_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
数頭が入れ替わり立ち代りカメラを持った我々の前を飛び交います。
それにキアゲハ、アゲハ、ヒオドシ、ミヤマセセリも加わって時には4頭が絡みあう
パフォーマンスも見せてくれました。
全員が「おーっ!」と歓声をあげます。


gifu20180331_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
この個体は前翅に飼育時に見られるようなリングと左後翅の翅形の異常、青い点の消失など軽微
な異常型のようです。



gifu20180331_7.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
コバノミツバツツジで吸蜜するギフチョウのオス。



gifu20180331_8.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
そこへ別のオスがやって来て猛烈にアタックしてきました。



gifu20180331_9.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
よく見ると尾端を曲げて交尾しようとしています。
もちろん挑まれたオスは嫌がって飛び立ちました。

現地では先週もお会いした蝶友のKさん、地元のTさんそして大阪から観察に来られたお二人方
総勢6名が時間を忘れて春の女神の舞を堪能。
至福の時間を過ごしました。

さて帰ろうと山を降りバイクに跨ったもののvyvさんのセローのエンジンがかからずヒューズが
切れたかとサイドをバラしてみるも異常なし、ではおそらくバッテリー上がりだろうということで
大阪のお二人の乗用車のバッテリーからブースターケーブルでセローのバッテリーにジャンプ
させてもらったら一発で無事始動。
その後は停まることなく走り続け無事に家までたどり着きました。
お二人様お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
posted by atomzizi at 21:51| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

初めてのバイクトレッキング

昨日、孫の一人がバイクの免許を取得したので初めての公道走行に付き合いました。
最初は緊張のためぎこちない運転でしたが、30分も走るとだんだん慣れてきたようで
それなりに後ろをついてきていました。
2時間ぐらいのバイク遊びでしたが信号待ちの度に「バイクって楽しい」を連発しておりました。

serow20180329.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
いつもよりゆっくりのペースでM山に到着。
満開の桜が19歳の春を祝ってくれているようです。
バイクは2014年製と2015年製の1年違いですが、人間の方はは50年の差。
まさか孫と一緒にバイクで走るなんて50歳の時には想像もしていませんでした。
これから腕を上げてじぃじぃの後ろではなく前を走ってください。
何年か後には介護ツーリングになってたりして(笑)

higosumire20180329.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
M山に来たのは満開のヒゴスミレを見たかったから。
実は先週つぼみをあげ始めた大株を見つけていたからなんです。
しかし今日見るとその株はなくなっていました。
どうも盗掘されたようです。
見るだけでは満足できないんでしょうかねぇ!
posted by atomzizi at 20:43| Comment(2) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

カタクリ

4日前に訪れたカタクリのお寺を再訪してみるとすっかり満開になっていました。

katakuri20180327_1.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
イノシシ(情けないけど盗掘する人間)避けの囲いの中で咲くカタクリ。


katakuri20180327_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
今回も撮影中に蝶がやってくることはありませんでした。
植栽のカタクリなので少し早く咲くためか、蝶の発生時期とうまくリンクしてないのかも
しれません。


katakuri20180327_3.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
付近を散策してみましたが、越冬キチョウが飛ぶのを見ただけ。
せめてルリシジミかベニシジミぐらいは撮ってみたかった。
posted by atomzizi at 20:56| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

春の女神にはあえなかったけれど

kadowakiさんから「春の女神の発生の状況を見に行きませんか」とのお誘いを受け東播磨の山へ
セロー2台でバイクツーリングしてきました。
バイクを峠に置いて山道を登りますが、途中冬越ししたテングチョウを見ただけ。
山頂に着くと顔馴染みの蝶友が3人が来られてましたが少し手持ち無沙汰の様子でした。
ツツジの開花具合から春の女神降臨には時期が少し早いようです。
でも、アゲハは蝶道を行き来しているしミヤマセセリもせわしなく飛び回っています。
ヒルトップではヒオドシチョウがお約束の日向ぼっこをしています。

hiodosicho20180325_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
女神が居ないので全員でヒオドシチョウを取り囲んで撮影会です。
とてもフレンドリーな子で良いモデルになってくれました。


hiodosicho20180325_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
立ち位置を替えて正面から。


hiodosicho20180325_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
飛び立って次にとまったところはモチツツジの枝先。
ミヤマセセリが近くを横切るとスクランブル発進してもつれるように上空へ。


hiodosicho20180325_4.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
舞い戻って再び木の幹でテリ張りです
長時間じっととまったままだったので広角でじっくり撮らせていただきました。
春特有の霞がかかったような空で綺麗な青空でなかったのが残念。


miyamaseseri20180325_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
わずかに咲いていたコバノミツバツツジにミヤマセセリが吸蜜にやってきました。


miyamaseseri20180325_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
前被り気味の枝が邪魔ですが吸蜜時間が短く一瞬の勝負なので仕方ありません。


miyamaseseri20180325.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ミヤマセセリはせわしなく飛び続けているばかりでしたがちょっと笹で休憩したところを。


ageha20180325.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
アゲハも蝶道を行きかうついでにちょっと寄り道してツツジで吸蜜していきます。
ほとんど撮影のチャンスはなかったですが運よくなんとか一枚。


tsumagurokicho20180325_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
撤収して山道を下って行く途中、Iさんが越冬ツマグロキチョウを見つけてくれました。


tsumagurokicho20180325_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ここにはスミレが何株かあって飛び去ってもしばらくすると吸蜜に戻ってきました。
何年も越冬後のツマグロキチョウを観察したことがなかったのでテンションが上がりました。
Iさんありがとうございました。

今年初めての本格的な蝶撮影ができ、久しぶりに蝶友さんとも会えとても充実した半日でした。
posted by atomzizi at 20:50| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

いよいよ春本番に突入か!

寒の戻りで寒い日が続いていましたが日中は気温も上昇し春の息遣いが感じられる
ようになってきました。
セローでまず向かったのは10日前にタチツボスミレを撮ったお寺。

katakuri20180323_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
日当たりの良い所ではカタクリが咲いていました。


katakuri20180323_2.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
花の傍にしばらく待っていましたがカタクリに吸蜜にやって来る蝶はいませんでした。


tachitsubo20180323_1.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
10日前一輪だけ花をつけていた株は大きくなってこんもりと花を咲かせていました。

次に向かったのはM山
nioitachitsubo20180323_2.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
登り口を入ってすぐのところにニオイタチツボスミレの群落がありました。


nioitachitsubo20180323_1.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
顔を近づけると良い香りがします。


山頂まで上がるとコスミレが咲いていました。
kosumire20180323_3.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
名はコスミレですが特に小さな花ではありません。


kosumire20180323_1.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO


kosumire20180323_2.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO


コスミレの後はオトメスミレが咲くという丹生山系の金剛童子山へ向かいました。
kosumire20180323_4.jpg
E-M1MarkU+ED12-40mmF2.8PRO
時期が悪かったのか絶えてしまったのか残念ながらオトメスミレは見つかりませんでした。
でも、道路脇にコスミレが咲いていたのでバイクが写り込むように撮りました。
もっと花の近くに停められれば良かったのですが、車がすれ違えるほどの道幅がありませんでした。

明日からはもっと気温が上がるそうなので、蝶が飛ぶかもしれません。
posted by atomzizi at 20:58| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

岡山遠征で見た蝶

新生蝶はモンシロチョウを見ただけ。
残念ながら風に流されるように飛びさり写真は撮れませんでした。

ruritateha20180315.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
アズマイチゲとセツブンソウの咲くところで見たのはルリタテハ。
暖かな陽射しを浴びて日向ぼっこを兼ねテリ張りをしていました。
越冬後にもかかわらず翅の破損もなく瑠璃色も綺麗な個体でした。


tengucho20180315.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
コバイモの観察の帰り道、梅の花でテングチョウが吸蜜しているのを見つけました。
花びらをしっかり抱えて夢中で吸蜜しています。
橋のたもとに咲く梅なので回りこむことができず横顔しか撮ることができませんでした。
posted by atomzizi at 21:22| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

ユキワリソウの色バリエーション

vyvさんによるとユキワリソウにはたくさんの花型や花色があるらしい。
しかし神戸に自生するユキワリソウは白にピンクの縁取りの可愛い花がほとんど。

13日に出かけたM山に咲くユキワリソウ。
yukiwariso20180313_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariso20180313_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
倒木の下から花茎を伸ばしけなげに咲く。


yukiwariso20180313_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
杉の林床には小さな株がポツポツと散見するぐらいで以前ほどの勢いがなくなってしまった。


yukiwariso20180313_5.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
この花は雄蕊が赤く、ぽつんと一輪咲いていただけだったけど目を引く美しさでした。


15日の岡山遠征で見たユキワリソウ。
yukiwariso20180314_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花弁(萼片)が細く薄紫の絞り。


yukiwariso20180314_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花弁(萼片)が円く鮮やかなローズピンクをしたユキワリソウ。


yukiwariso20180314_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ピンクに白の絞り。


17日の午後覗いてきた森林植物園のロックガーデンに咲くユキワリソウ。
yukiwariso20180317_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
濃い紫。


yukiwariso20180317_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
丸弁の白。


yukiwariso20180317_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ローズピンク。


yukiwariso20180317_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
薄桃色。


yukiwariso20180317_5.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
赤紫。
いったいどのくらいの花色があるのでしょうか?
ユキワリソウに夢中になる人の気持ちもわからんではないですね。
posted by atomzizi at 19:29| Comment(2) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

遠征で見つけたスミレ2種

今回の遠征で見つけたスミレ。

kosumire20180315.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
当初咲く時期からコスミレと思っていたのですが、花の色と形、葉裏の色の特徴からシハイスミレ
ではないかと。


kosumire20180315_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


aoisumire20180315_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
アオイスミレ。
杉林の下で咲いているのをvyvさんが見つけました。


aoisumire20180315_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花の色の幅があるスミレです。
限りなく白に近い淡い藤色でした。
いよいよスミレの季節になってきました。
今年はどんなスミレに出会えるでしょう。
posted by atomzizi at 18:07| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

'18春を探して ユキワリイチゲ いろいろ

今年はユキワリイチゲのさまざまな顔を見ることができました。
まずは13日のM山。

yukiwariichige20180313_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180313_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180313_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
弁底から薄紫色が広がる美しいユキワリイチゲ。


15日はvyvさんと岡山県へ遠征しました。
A地点のユキワリイチゲ。
yukiwariichige20180315_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180315_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ここは白っぽい花でしたが群落の規模が大きく、一面を埋め尽くすように咲いており見ごたえがありました。


次にB地点のユキワリイチゲ。
ここはバリエーション豊かな自生地でした。
yukiwariichige20180315_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro


yukiwariichige20180315_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
青味がかった花弁(顎)の先が切れ込んだ美しいユキワリイチゲ。


yukiwariichige20180315_5.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ピンクの花も見つかりました。


yukiwariichige20180315_7.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花弁の先が切れ込んだものも。


yukiwariichige20180315_6.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花弁の数が多い花もありました。


最後のC地点。
yukiwariichige20180315_8.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
この日一番の青い花が迎えてくれました。


yukiwariichige20180315_9.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ユキワリイチゲは天気が悪いと開かない花なのですが、今回の遠征は天気に恵まれ素晴らしい花の
姿を堪能することができました。
posted by atomzizi at 20:47| Comment(2) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

'18春を探して M山へバイクトレッキング1

今日はバイクで走っていても気持ちの良いぽかぽか陽気でした。
なにか蝶が見れるかもと思い里山を廻ってM山までトレッキングをしてきました。

serow20180313.jpg
E-M1+ED12-40mmF2.8PRO
途中、川の土手には満開のホトケノザの群落がたくさんありました。


tachitsubosumire20180313_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
M山への登り、日当たりの良い道路脇にはアカフタチツボスミレの群落がありました。


nashirazu20180313_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
そのすぐ近くにタチツボとは違うスミレが・・・
葉の感じは同じようですがねぇ、距の色と長さが違っています。


nashirazu20180313.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
帰宅してから調べてみましたが名前が分かりませんでした。
もう少し花が開いた頃を見計らってもう一度出かけようと思います。


tenngucho20180313.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
登山道ではテングチョウがツワブキの葉上で日向ぼっこをしていました。
今日見た蝶は越冬テングチョウが数頭だけ。
残念ながら新生蝶は見られませんでした。
posted by atomzizi at 20:35| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

'18春を探して バイカオウレン2

毎年出かけるバイカオウレンの自生地が壊滅状態になっていました。
鎮守の森の下にカーペットを敷いたように咲き誇っていたのですが、杉の巨木を切り倒し
運び出すのに邪魔になりそうな杉を間引いて群生地の中へトラックを入れたそうです。

baikaouren20180311_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
森の端の方にかろうじて残ったバイカオウレン。
こんなふうに一面に咲いていたのですが当分元に戻りそうもないですね。


baikaouren20180311_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
地元の方たち20人ほどが群生地で作業をされていましたが、邪魔にならないように了解をもらって
写真を撮らせてもらいました。


baikaouren20180311_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
今後どうなることやら。
来年以降も状況を確認に出掛けてみようと思います。
posted by atomzizi at 18:53| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

'18 '18春を探して ツクシ

風は冷たかったけれど青空に急き立てられるように春を探しに出かけました。
先週見つからなかったツクシを探しにセローで里山をトレッキングです。
まず昨年見たところへ立ち寄ったのですがツクシはまだ出ていませんでした。
農道をゆっくり走りながら田の畦や川の土手を見て回ります。

tsukusi20180310_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
10分ほどで日当たりの良い一角にツクシが出ているのが見つかりました。
土手の上だったので仰ぎ見ると青空が広がる絶好の位置でした。


tsukusi20180310_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
すぐ傍にはホトケノザの花の間からツクシが1本伸びていました。


tsukusi20180310_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
田の畔にも顔を出し始めています。


tsukusi20180310_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
これからたくさんのツクシが出てくるでしょう。
2時間ほどのトレッキングでしたが春を堪能しました。
posted by atomzizi at 19:13| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

'18春を探して 梅林にて

M山の梅林ではほとんどの梅が満開で良い香りが漂っていました。
今日は平日ということでそれほどの人出はありませんでしたが、今週末は大勢の人で
賑わうことでしょう。

ume20180307_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
淡いピンク。


ume20180307_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
紅梅。


ume20180307_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
白梅。


ume20180307_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
濃いピンク。


ooinunofuguri20180307.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
梅の木の下でオオイヌノフグリもブルーのカーペットを敷いたように咲き広がっています。


hmeodorikoso20180307.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ヒメオドリコソウの大きな群落も其処此処に。


yukiwariso20180307.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
梅林のすぐ近く杉林の下にはユキワリソウが咲き始めていました。
いよいよ春本番が近づいてきました。
posted by atomzizi at 20:47| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

'18春を探して フクジュソウ

午前中に所用を済ませ、午後から森林植物園を覗いてきました。
5日前に訪れた時のフクジュソウは地面から頭を出したばかりでしたが、ずいぶん丈も伸び
葉も展開しそうな勢いでした。

fukujuso20180304_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


fukujuso20180304_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


fukujuso20180304_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
今回はあえて正面は避け横顔と後ろ姿を望遠レンズで撮ってきました。


yukiwariichige20180304.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ユキワリイチゲも5日前とは比べ物にならないほどたくさんの花を咲かせています。
今日は全国的にゴールデンウィークぐらいの気温になったそうです。
フィールドへ出るのが楽しい季節になってきました。
posted by atomzizi at 19:18| Comment(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

'18春を探して 里山トレッキング

春本番のような陽気に誘われていつものフィールドをバイクでトレッキングしてきました。

hotokenoza20180303.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
一週間まえに比べるとホトケノザは大きな群落が見られるようになりました。


kansaitanpopo20180303.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
農道を詰めていくとセイヨウタンポポに代わってカンサイタンポポが咲いていました。
ほっそりして優しいタンポポです。


rengesou20180303.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
日当たりの良い田んぼの畦では早くもレンゲソウが見つかりました。


nasirazu20180303_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
歩くような速度でバイクを走らせていると道端になにやら小さなピンクの花が・・・
咲いていたのは農道脇ですが野生種ではなさそうです。


nasirazu20180303_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
栽培種の種が運ばれてきたのかな?
オニノゲシの葉を小さくしたようなロゼットから5cmほどの花茎を伸ばして咲いています。
花の蕊の雰囲気はゲンノショウコ似た感じ。
kadowakiさんなら分かるかな?

28日にオリンパスからOM-D EーM1MarkUのファームウェアのバージョンアップがリリース
されたので、早速ファームアップしてそれのテストも兼ねたトレッキングでした。
E-M1でファームアップされたAFのスモールターゲットがやっとM1MarkUでも使えるように
なりました。
発売当初から言い続けていた希望がやっと叶い、今春の蝶シーズンから使えそうです。
posted by atomzizi at 20:14| Comment(2) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

'18春を探して 山茶花

冬の初めから咲いていた山茶花がまだ頑張って咲いています。

sazanka20180227.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
花の盛りの頃に撮れなかったので今頃の登場です。


posted by atomzizi at 21:27| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする