2017年11月12日

冬のウラナミシジミ

午前中少し時間がとれたので、気温が上がってきた10時過ぎシルビアの様子を見に
フィールドへ出かけました。
しかしどのポイントもシルビアの姿はありませんでした。
次にシルビアにあえるのは来年の春になりそうです。
最後に訪れたセイヨウミヤコグサのポイントで飛んでいたのはウラナミシジミ。

uranami20171012_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
セイヨウミヤコグサの葉上で日向ぼっこをするオス。
尾状突起はありません。


uranami20171012_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
セイタカアワダチソウで吸蜜する別個体。


uranami20171012_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
メスはまだ尾状突起が揃ったのもいました。


uranami20171012_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
上の個体と比べるとこちらのメスは後翅の白斑が大きく現れ美しい。


uranami20171012_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
翅裏は特に低温期型というわけではなくごく普通です。


uranami20171012_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
このメスは盛んに産卵を繰り返していました。
後でこの葉先に産まれた卵を数えると8卵確認できました。
この卵から孵った幼虫はおそらく冬を越せないでしょう。
そもそも孵化できるんだろうか?
これがフィールドで会う最後の蝶になるのかな。
昨年はクロマダラソテツシジミがやってきたので12月まで遊べましたが・・
これからは地元でムラサキツバメの越冬個体を探してみましょう。
posted by atomzizi at 20:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

サツマシジミ

今年は9月と10月にもこのポイントを訪ねましたがサツマシジミを観察することが
できませんでした。
今回はそれが嘘のようにたくさんのサツマが出迎えてくれました。
オスメスともにかなりの数がシロバナセンダングサの上を飛び交っていました。
おまけに鮮度も良かった。

satsuma20171004_2 (2).jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14

satsuma20171004_2 (1).jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


satsuma20171004_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


satsuma20171004_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14

satsuma20171004_8.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
翅をスリスリした時に僅かに翅表のブルーが見えました。
気温が高く飛び回るばかりで開翅は望めません。


satsuma20171004_4 (1).jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
メスがわずかに翅を開いてくれただけ。


ここからは60mmマクロレンズで。
satsuma20171004_60_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
意外と敏感で近づくと飛び立ちますが、吸蜜中のタイミングを見計らって両手でカメラを
差し出しモニターを見ての撮影です。


satsduma20171004_60_3 (1).jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


satsduma20171004_60_3 (2).jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


satsduma20171004_60_4.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
サツマの翅裏は純白で本当に綺麗でした。
滞在時間よりバイクで走っている時間の方が長かったですが、たくさんのサツマが舞う
至福の時間を一人締めしました。
ただ翅表の美しいブルーを写すのは来年の課題になりました。
来年も今年同様たくさん発生して欲しいものです。
posted by atomzizi at 21:36| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

ヤクシマルリシジミ

シロバナセンダングサにとまるサツマシジミを撮っていると、突然目の前にヤクルリが
現れてシロバナセンダングサで吸蜜を始めました。

yakururi20171004_8.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
花にぶら下がっていきなりの全開翅です。
5、6秒吸蜜すると隣の花へ飛び移りました。


yakururi20171004_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


yakururi20171004_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


yakururi20171004_7.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
どの花でも長居はしてくれません。


yakururi20171004_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


yakururi20171004_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
短時間で次から次へ花を渡り最後は遠くへ飛び去ってしまい二度と戻ってくることはあ
りませんでした。
戻ってくるのを期待していたのですがたまにやって来るのはどれも飛び古したスレ個体
ばかりででした。
微妙に発生時期がズレるヤクルリとサツマの新鮮個体を同時に撮影しようというのは難し
いことなのかもしれません。
時期をずらして出かければ良いのでしょうが気軽に何度も出撃できる距離ではないのが
辛いところです。
posted by atomzizi at 20:31| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

晩秋のクロツバメシジミ2

昨日はタイトルに1と付けたので今日のタイトルは2です。
吸水シーンは撮れたけど吸蜜シーンはどうだったかというとまったく見られませんでした。
ツメレンゲの花はすでに終わっている上に僅かに残った花穂も台風で傷めつけられて花の
状態は最悪でした。
それにどういうわけかこの日はキツネノマゴやカタバミの花にもとまりませんでした。

以下定番の崖とまり。

kurotsu20171003_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


kurotsu20171003_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


kurotsu20171003_60_7.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


kurotsu20171003_60_6.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


最後に開翅シーン。

kurotsu20171003_60_10.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


kurotsu20171003_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


kurotsu20171003_60_8.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


kurotsu20171003_60_9.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
連休一日目はクロツバメシジミをたっぷり堪能することができました。
この後シルビアポイントへ移動して青メスを探索したのですが見つけられませんでした。
posted by atomzizi at 20:31| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

晩秋のクロツバメシジミ1

クロツの棲む山里には9時半ごろに到着。
一つ目のポイントでは姿が見えません。二つ目のポイントも姿なし。
スミレの写真を撮った後、何気に見た石垣にちらちら飛ぶクロツを見つけました。
いつものポイントから少し外れたツメレンゲの生えていない石垣です。
こんなところに居たとは!

これまで何度も撮影に訪れているのですが、吸水シーンを観察したのは初めてのような。
kurotsu20171003_60_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


kurotsu20171003_60_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


kurotsu20171003_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


kurotsu20171003_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


次は秋らしい枯葉とまりのクロツバメシジミ。
kurotsu20171003_60_4.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


kurotsu20171003_60_5.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


kurotsu20171003_60_3.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
たまたまなのか秋も深まり気温が低いためなのか、この日は地面近くを飛ぶ個体ばかりだった。
posted by atomzizi at 19:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

秋のソロツーリング2

連休二日目はNC700Sで四国まで走ってきました。
いつも四国遠征は前夜出発、早朝現地入りなのですが今回は一人ということもあって、
ゆっくりめの朝6時半出発です。
それでも9時半にはサツマシジミポイントに到着しました。
過去何回も空振りだったサツマですが、今回は多数のサツマが飛び交うのを見ることが
できました。

nc700s20171004.jpg
E-M5+ED12-40mmF2.8PRO
四国遠征時の昼食は決まって浅川港にある海鮮料理のお店が定番になりました。
店先の幟の前でNC700Sの記念撮影。


sasimiteisyoku20171004.jpg
E-M5+ED12-40mmF2.8PRO
刺身定食、1200円也。美味い!!
満腹になりますよ!

帰りは風が吹き荒れ鳴門大橋では横風で隣の車線まで流され少し怖い目をしました。
明石海峡大橋でも風で煽られ車線内ですが横に流されました。
高速走行中のバイクで横風は辛い!
両海峡を繋ぐ橋は晴天無風の時しか渡りたくないですね(笑)
posted by atomzizi at 18:43| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

秋のソロツーリング1

10月は台風の影響で休日が雨で潰れましたが11月最初の三連休初日は青空広がる絶好の
ツーリング日和になりました。
気になる台風後のクロツバメシジミとツメレンゲの様子を見に行くことにします。

serow20171003.jpg
E-M5+ED12-40mmF2.8PRO
クロツの里の駐車場に停めたセローを記念撮影。


nojisumire20171003_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
この時期のノジスミレは閉鎖花しか見たことがないのですが、ここではたくさん花を
咲かせていました。


nojisumire20171003_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
そんな中にちょっと不思議な花がありました。
普通は一つしかないはずの距が角のように二つあるノジスミレ。
初めて見ました。
posted by atomzizi at 22:06| Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする