2017年07月30日

今年は多い?ウラナミシジミ

買い物があって出かけたショッピングセンター。予定より早く着いてしまい、開店時間までの
時間つぶしに近くの住宅地の公園へ行くと黄色い花がたくさん咲いていた。
確認するとセイヨウミヤコグサとブタナの花でした。
ここは新興住宅地で公園を造った時、緑化のためセイヨウミヤコグサの種を蒔いたのでしょう。
青いシジミチョウが飛び交っているのが見え、一瞬シルビアシジミか?と思ってしまったけど
花にとまったのをよくよく見たらウラナミシジミでした。
とりあえず所用を済ませカメラを取りに帰って再び公園へ出掛けました。

uranamisijimi20170730_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
セイヨウミヤコグサで吸蜜するウラナミシジミ。


uranamisijimi20170730_7.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
とまっていたオスに別のオスがやってきて誤求愛。腹を曲げて交尾を迫っていました。
当然成立するはずはなく何度かアタックした後諦めて飛んで行きました。


uranamisijimi20170730_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ブタナの花にとまったウラナミシジミ。


uranamisijimi20170730_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
咲き終わったブタナの花でV字開翅。


uranamisijimi20170730_5.jpgE-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
吸蜜後ヒメジョオンの花にとまる。
ブタナでも吸蜜した後すぐに飛び立たずしばらくとまっていることが多かった。

乗鞍でもウラナミシジミを見たし今年は何故か縁があるような、というかそれだけ数が多いという
ことなのかもしれない。
今でこんなだから秋には大発生の予感が・・・
posted by atomzizi at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする