2017年07月19日

ヒメシジミ

上高地では河原の傍の草地にヒメシジミが舞っていました。
しかし残念ながらほとんどがスレ個体。

himesijimi20170715_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
それでもじっくり探せば綺麗な個体を見つけることができました。


himesijimi20170715_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
メスは割合綺麗な個体が多かった。


himesijimi20170715_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
このメス後翅の黒点の一部が流れています。


himesijimi20170715_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
気になる反対側を確認すると同じような斑紋でした。

翌日の乗鞍高原でもヒメシジミが飛んでいましたがやはり最盛期を過ぎていました。
なるべく綺麗な個体を探して撮影します。
himesijimi20170716_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


himesijimi20170716_6.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
この地のヒメシジミは黒帯が細く後翅にクロテンが。
前後翅外縁の黒帯が広く翅脈の黒い中国地方のヒメシジミとは印象がずいぶん違います。


himesijimi20170716_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


himesijimi20170716_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ニガナで吸蜜するメス。


himesijimi20170716_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
同じ個体の開翅。


himesijimi20170716_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
カップルも見つかりました。
オスに比べメスは黒紋が大きくはっきりしていますね。
posted by atomzizi at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする