2017年06月05日

ウラナミジャノメ

ヒメヒカゲの棲む草原にはやや遅れてウラナミジャノメも姿を見せます。
ヒメヒカゲは沢山撮ったのでこの日はウラナミジャノメを探すことにします。

uranamijanome20170603_1.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
朝10時前に現地着、5分も経たないうちに最初のウラナミジャノメ発見。
でもその後が続きません。
ヒメヒカゲの眼状紋の変化を観察しながらウラナミジャノメを探しますがどうもここではこの
1頭だけのようでした。

uranamijanome20170603_2.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
お昼近く撤収前にvyvさんが割合見たという場所をもう一度探すことにします。
vyvさんにも手伝ってもらってやっと2,3頭のウラナミジャノメが見つかりました。


uranamijanome20170603_3.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
この子は敏感でなかなか近寄らせてくれません。
ブッシュに入って落ち着いたところを込み合った葉の隙間から撮影。


uranamijanome20170603_5.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
しばらくすると翅を開閉しだしました。


uranamijanome20170603_4.jpg
E-M1MarkU+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
全開翅は一瞬です。
タイミングを見計らってシャッターを押しました。
発生初期のようでこの日はオスしか見ることができませんでした。
メスも撮りたいのですが、ゼフのシーズンに入ってしまうので毎年チャンスを逃しています。
posted by atomzizi at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする