2017年05月18日

庭の様子

昨年12月までの大規模修繕工事のため荒れていた庭でしたが、やっと花と緑が回復しました。
ただ新しく植えつけたバラはかなり深く剪定したので周辺の草花より背丈が低く本来の庭の
姿になるのは夏以降になりそうです。

garden20170518_1.jpg
E-M1+ED12-40mmF2.8PRO


francis20170518_1.jpg
E-M1+ED12-40mmF2.8PRO
他のバラに先駆けて咲き出したフランシス・ドゥブリュウイ。
深紅の花からはダマスクの良い香りが漂っています。


12月に大苗を植え付けるのとは別にお気に入りのバラを挿し木していました。
sasiki20170129_1.jpg
E-M1+ED12-40mmF2.8PRO
挿してからひと月経った1月末。
芽吹いてきましたが挿し木が成功したわけではなく土の中にまだ根は出ていません。
水と枝の力だけで芽を出しただけです。
4月になってやっとポットの底の穴から白い根が出てきました。
根が出たら植え替えOKです。


sasiki20170518_1.jpg
E-M1+ED12-40mmF2.8PRO
5月18日の状態、ここまでくれば一安心。
後は上がってくる蕾みを摘みピンチをして株を大きく育てるだけです。
大好きはハイブリットムスク系のラベンダーラッシー、ウィルヘルム、プロスペリティの
3種を挿しました。
いずれ小さなアーチに誘引して花を楽しめるでしょう。
posted by atomzizi at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする