2017年02月26日

セリバオウレン



seribaouren20170225_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
これはセツブンソウの隣に咲いていたセリバオウレン。
この後vyvさんと合流してセリバオウレンの群生地に案内してもらいました。


seribaouren20170225_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
ヒノキ林の斜面にたくさんのセリバオウレンが咲いています。
まだまだつぼみも多く開花のピークは数日後かな。
残念ながらここにはセツブンソウはありません。


seribaouren20170225_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
これは雄花だけをつけた株。


seribaouren20170225_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
中心部の雌しべを囲むように雄しべをつけた両性花。


seribaouren20170225_5.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
右は両性花、左が雄花。


seribaouren20170225_6.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
vyvさんがピンクのガク片が美しい株を見つけました。

おまけ
bike20170225.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
右からvyvさんのセロー、kadowakiさんのVTR1000、愛車のNC700S。
背景の木々や足元の草の芽吹きはまだまだ先。
春が待ち遠しいですねぇ。
posted by atomzizi at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

セツブンソウ

kadowakiさんのVTR1000とNC700S2台でセツブンソウ観察ツーリングに出掛けてきました。
若干風が冷たかったですがまずまずのツーリング日和でした。
8時過ぎに出発して現地に着いたのが10時。

setsubnso20170225_1.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
時期的にどうなのか心配でしたがヒノキ林の急斜面には思った以上の花が咲いていました。
落ち葉や枯れ枝を押しのけるようにセツブンソウの花が立ち上がっています。


setsubnso20170225_3.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
嬉しいことにちょうど咲き初めで傷みのない綺麗な花ばかりでした。


setsubnso20170225_2.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
今日はM1MarkUと60mmマクロレンズの組み合わせで深度合成を試してみました。


setsubnso20170225_6.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
こちらは深度合成なし。
左後方の花のボケ具合が全然違います。
どちらが良いとか悪いとかではなく好みの問題になってくるのでしょうね。


setsubnso20170225_4.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
こちらも深度合成で撮ったもの。


setsubnso20170225_5.jpg
E-M1MarkU+ED60mmF2.8Macro
こういうアップの写真は被写界深度が浅いので深度合成での撮影は有効ですね。

セツブンソウを撮っているとvyvさんから電話があり少し離れた場所でセツブンソウを撮影して
いるとのこと。
合流して帰路は3台でのツーリングになりました。
vyvさんがセリバオウレンの群生地に案内してくれるということで寄り道をします。
そのセリバオウレンは明日アップします。
posted by atomzizi at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

ジョウビタキ

joubitaki20170219.jpg
E-M1MarkU+ED70-300mmF4.0-5.6
梅林で大砲で鳥を撮っている人の横に並んで撮らせてもらったジョウビタキ。
もちろんトリミングしています。
フォーサーズレンズにアダプターを装着しての撮影でしたが、AFは迷うことなく快適に使えました。
E-M1の時は見ているだけでしたが、MarkUは鳥を撮る気にさせてくれました。
posted by atomzizi at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

オオイヌノフグリ

ooinunofuguri20170219_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
日当たりの良い梅林の下ではオオイヌノフグリが群落を作っていました。


ooinunofuguri20170219_3.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


ooinunofuguri20170219_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro

ooinunofuguri20170219_4.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
アブの仲間と思われるのが今日見た唯一の昆虫でした。
早くモンキチョウやベニシジミの新生蝶が見たいものです。
posted by atomzizi at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ヒメオドリコソウ

約ひと月ぶりの更新です。
先週vyvさんからM山の梅林はまだ1分咲きという情報をいただいていました。
その後、暖かい日もあって少しは咲き進んでいるだろうと今日様子を見に行ってきました。
梅は2分咲きから5分咲きぐらいで花見は来週がベストのように思われます。

himeodorikoso20170218.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
梅林の下にはホトケノザやヒメオドリコソウが咲いていました。
こちらも来週には絨毯のように咲き広がるでしょう。

現地では大砲のようなレンズを装着した鳥撮りのカメラマンが数人居られました。
そのうちの一人の方にジョウビタキとメジロが梅に来ているのを教えていただきました。
残念ながら70-300mmを持って行かなかったので撮影の雰囲気だけ楽しんできました。

花撮りをしていると鳥やさんには迷惑がられるのですが今日お会いしたNさんは好意的でした。
でもこういう時は早々に引き上げるのが正解。
Nさんお邪魔して申し訳ありませんでした。良い写真が撮れているといいですね。
posted by atomzizi at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする