2016年10月13日

10月のシルビアシジミ2

9日10日とシルビアの様子を見てきました。

silvia20161009_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
午前中はクマソの観察に出掛け、昼食後に現地に向かいついたのが14時半ごろ。
バイクを降りて農道を歩き出してすぐミヤコグサで吸蜜しているシルビアを発見。


silvia20161009_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
次に葉上で休んでいるシルビアが見つかりました。
風が強く吹くと前翅をたたんでしまい開翅は望めもそうもありません。
とりあえず綺麗なシルビアを確認できたのでこの日はこれで撤収です。


silvia20161010_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
翌10日今度はクロツの観察の帰り道シルビアの別ポイントへ寄ってみました。
ここではスミレがたくさん咲いていて、まるで春の田んぼへ来たようです。
もっともシルビアの春型はスミレが咲き終わってからの出現なので春でもこのコラボはまず
ないと思います。


silvia20161010_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ミヤコグサの上で開翅をしてくれましたが青の広がりは弱く期待していた青メスには出会え
ませんでした。

おまけのスミレ
sumire20161010_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


sumire20161010_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
2年前も暖かい日が続いた11月にスミレが咲いているのを見ているのでこの辺りの
スミレは閉鎖花ではなく花を咲かせるDNAを持っているのかな?
posted by atomzizi at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする