2016年10月01日

10月のシルビアシジミ1

先月は稲穂とのコラボを狙って田んぼの横で発生しているシルビアの里へ出掛けていましたが、
10月最初のシルビアはセイヨウミヤコグサで発生してるところへ出掛けてきました。

silvia20161001_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
しばらく来ていなかったので発生状況がつかめておらず少し不安でしたが、草叢に踏み込むと
セイヨウミヤコグサの葉にとまったシルビアが見つかりました。
少し風があり前翅をたたんで休憩中のようでした。


silvia20161001_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
セイヨウミヤコグサの花で吸蜜している個体も見つかりました。


silvia20161001_5.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
これも別個体。
時期的なものでしょうかほとんどがメスのようでした。


silvia20161001_3.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
夏の間はオスの開翅しか撮れなかったのでメスの開翅は嬉しい。


silvia20161001_8.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
飛んでいる時はオスのように見えました。
この程度の青の広がりでも青く見えるんですねぇ。


silvia20161001_7.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
これは別個体。
とまっているのはエノコログサの穂。
こちらはまだ翅表の青は狭いですね。


silvia20161001_6.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
上と同一個体。
10月半ば以降に出るメスはきっと青が広がったスーパーブルーでしょう。


silvia20161001_4.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
なかなかスカッとした秋晴れにはなりませんが、雨さえ降らなければなんとかなるものです。
思いがけずメスの開翅が撮れ、大満足で10月のスタートが切れました。
posted by atomzizi at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする