2016年09月26日

ツマグロヒョウモン、アカタテハ、ツバメシジミ

クロツの里ではヒガンバナをはじめ秋の花々が咲き始め秋の気配がしてきました。

tsumagurohyoumon20160924_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
サンジャクバーベナで吸蜜するツマグロヒョウモンのメス。


tsumagurohyoumon20160924_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
草丈の高いシオンには頻繁にオスが吸蜜にやってきます。
しかし、花から花へめまぐるしく移動するのでなかなかじっくりと撮らせてくれません。
ツマグロヒョウモンは何故かあまり撮影意欲が湧かない蝶ですが、今回クロツ探索の移動中に
吸蜜シーンを撮ってみました。


akatateha20160924.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
食草で休息中のアカタテハ。
産卵で体力を使い果たしたのか不活発で長時間とまって動きませんでした。


tsubamesijimi20160924.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
道路脇の草叢でツバメシジミのカップルを見つけました。
オスはスレでいますがメスは新鮮な個体でした。
クロツのカップルも見つけたかったのですが今回は求愛シーンさえ見ることができませんでした。

kadowakiさん 今回もお付き合いくださってありがとう。
次回はツメレンゲの花が咲き始めたらクロツとのコラボ写真を狙って出かけることにしましょう。
posted by atomzizi at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする