2016年08月27日

シルビアシジミ継続観察

今日もシルビアの観察に出かけてきました。
同じ時間帯でも先週は汗が噴き出していましたが今日は秋を感じさせる爽やかな風が吹いていました。

silvia20160827_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
農道をゆっくり歩いていると、足元から飛び出したシルビアが朝露の付いた葉の上にとまりました。
とりあえず1頭見つかったので一安心です。


silvia20160827_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
ツユクサの花殻の上でV字開翅する個体も見つかりました。
嬉しいことにとても新鮮な個体でした。


silvia20160827_5.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
次にとまったクズの葉上でもゆっくり翅を広げ始めました。


silvia20160827_4.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
全開とはいきませんがここまで開いてくれれば上出来です。
黒帯の広い夏らしいコントラストのはっきりしたシルビアです。


silvia20160827_6.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
早い田ではもう稲穂が垂れていましたが、ここの稲はまだ雄蕊が顔を出して花盛りといった状態でした。
水田の中にとまられると遠すぎてマクロで接写というわけにはいきません。
慌ててバイクに積んである望遠を取りに戻って撮りましたが遠いですね。


silvia20160827_7.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
秋には収穫前の黄金色の稲穂とのコラボ写真を撮りたいものです。
10時には所用があるので8時30分には撤収。充実した1時間でした。


silvia20160827_8.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
用事を済ませて15時から再びシルビアの里へ出撃です。
朝とは違うポイントへ入ることにしました。
田の法面をゆっくり歩いていると開翅しているシルビアが見つかりました。


silvia20160827_10.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
地味な背景になってしまいましたがほとんど全開の大サービスです。


silvia20160827_9.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
写真では大きく見えていますが実際はものすごく小さな個体です。
試しに持っていた10円玉と一緒に写してみました。
10円玉の1/4ぐらいしかありません。
夏の個体は全体的に小さめですが特にこの個体は小さかった。
posted by atomzizi at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする