2016年06月04日

里のゼフィルス

今日も山地性ゼフィルスの観察にチャレンジしたけれど見事に玉砕しました。
早々に切り上げて地元の里ゼフィルスの観察に切り替えです。

uranamiaka20160604.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
今年初見のウラナミアカシジミ。


akasijimi20160604.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
アカシジミもまだまだ新鮮です。


mizuiro20160604.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
ミズイロオナガシジミもこれから数が増えてくるでしょう。


urakin20160604_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ウラキンシジミは予想外の嬉しい出会いでした。


urakin20160604.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
下草からメスも飛び出してポーズをとってくれました。


midori20160604_1.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
ハンノキを叩いて回るとミドリシジミも飛び出しました。


midori20160604_2.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
ハンノキにとまるミドリシジミにkadowakiさんが竿を差し出すと自発的に移ってきたそうです。
羽化後間もないのか、かなり長時間とまっていました。


midori20160604_3.jpg
E-M5+ED60mmF2.8Macro
試しにLEDライトで照らしてみると僅かに翅が緩んで翅表の緑色の輝きを見ることができました。
残念ながら自然光と違ってLEDでは開翅はここまで。
種類によっては全開翅するものも居るようですが・・・
posted by atomzizi at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする