2016年03月29日

ハグロシハイスミレなど

日曜日、某地でギフチョウの探索をしていたら、vyvさんからハグロシハイスミレが咲いている
と情報をいただきました。
探索は成果なく早い目に切り上げてスミレを見に行くことにしました。

haguroshihaisumire20160327_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
積もった枯葉を押しのけるようにハグロシハイスミレが咲いています。


haguroshihaisumire20160327_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
咲き始めの株がたくさん見つかりました。
このスミレは花の色と葉の色の取り合わせがシックで大人の雰囲気です。


haguroshihaisumire20160327_4.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
横顔もなかなか魅力的です。


haguroshihaisumire20160327_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
広範囲に咲いているわけではないので盗掘に合うと絶えてしまいそうです。
大事に守りたいスミレですね。


shihaisumire20160327_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ハグロシハイスミレの群落から1mほど離れたところに咲いていたシハイスミレ。
シハイスミレの緑の葉を見るとハグロシハイスミレの特異さが際立ちますね。


tachitsubosumire20160327.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
さらに2mほど離れたところにはタチツボスミレがたくさん咲いていました。
これは花びらのグラデーションが美しいタチツボスミレです。
このスミレは花色に幅や変化があって面白いですね。


nojisumire20160327.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
こちらはギフチョウの探索をしていたところに咲いていたノジスミレ。
これからスミレのシーズン突入です。
今年もいろいろなスミレが見られると嬉しいのですが・・・
posted by atomzizi at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | バラとガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

カタクリとキクザキイチゲなど

カタクリで吸蜜するギフチョウの写真がたくさん撮れたので、次はヤマエンゴサクを訪れる
ギフチョウに的を絞りました。
カタクリと違ってヤマエンゴサクやオオイヌノフグリで吸蜜する時間はとても短くチャンスは少
ないです。
そしてギフチョウの撮影を堪能したところで、改めて花撮りです。

katakuri20160326_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
ギフチョウとの取り合わせが最も似合うカタクリ。


katakuri20160326_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
早春とは思えないほどの強い陽射しにカタクリも次々に開花。


kikuzakiichige20160326_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
キクザキイチゲはぽつぽつと咲いているだけで、白馬などで見かける大群落は見つかりません。


kikuzakiichige20160326_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
それでも花の色が藤色から淡い青までバリエーションがあって楽しめました。


yamaengosaku20160326_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
ギフチョウが訪れていたヤマエンゴサク。


yamaengosaku20160326_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
もう少し青味の強い花もあったのに撮り損ねていました。残念!
いずれ何処かで会えるでしょう。
posted by atomzizi at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

イカリソウなど

気温が上がりギフチョウが飛び出す時間まで付近を散策することに。
農道脇の崖ではタチツボスミレやイカリソウが咲いていました。

ikariso20160326_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
咲き始めのイカリソウ。


ikariso20160326_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
蕾をたくさん従えて咲く。週明けにはにぎやかになるでしょう。


shirobanaikariso20160326_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
近くにはシロバナイカリソウもありました。


shirobanaikariso20160326_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
一列に並んで。


shirobanaikariso20160326_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
崖の上の方に咲いていた大株のシロバナイカリソウ。


tachitsubosumire20160326_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
崖の張り付くように咲いていたタチツボスミレ。


tachitsubosumire20160326_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro


shojobakama20160326.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
少ないながらショウジョウバカマも咲いていました。
posted by atomzizi at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

春の女神に会いに

vyvさん、kadowakiさんと北陸へ遠征してきました。
現地に着いても寒の戻りで空気が冷たくおよそ蝶が飛びそうもない雰囲気でした。
少し萎えた気持ちで花撮りなどをして時間をつぶし、気温も上がってきたのでポイントへ戻ります。

gifucho20160326_0.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
時期も早くおまけに気温も低いのであまり期待していなかったのですが、ポイントへ入ってすぐに
緩やかに舞う女神を発見。いきなり気持ちが高ぶってきます。
やがてカタクリで吸蜜をはじめました。


gifucho20160326_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


gifucho20160326_7.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
女神たちは地面で日向ぼっこをしたりカタクリで吸蜜したりを繰り返しています。


gifucho20160326_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
カタクリの花はまだまだ蕾のものが多かったですが、それが幸いしてとまる花が予測できました。


gifucho20160326_4.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ヤマエンゴサクで吸蜜するギフチョウ。


gifucho20160326_5.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
花の位置が低いので後翅が地面に・・・


gifucho20160326_6.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
同じ個体が横に咲いているカタクリでも吸蜜。やはり絵になるのはカタクリ。

駄目もとで出かけた遠征でしたが結果は予想以上の成果でした。
春の女神が舞うのを愛でながら至福の時間を過ごすことができました。
ご同行くださったお二人にこの場を借りてお礼申し上げます。
posted by atomzizi at 21:28| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

春の里山トレッキング

時折風が強く吹いて肌寒い朝でしたがセローで里山トレッキングに出かけました。
今年は春の訪れが早いということで里山の花の状態はどうなのか観察してきました。

tanpopo20160321.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
田の土手ではタンポポが満開でした。


rengeso20160321_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
レンゲソウも咲いています。


rengeso20160321_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


tsukushi20160321_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ツクシも土手のあちこちから顔を出しています。


tsukushi20160321_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


himeodorikoso20160321_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
ヒメオドリコソウは大群落をつくっていました。


himeodorikoso20160321_2.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14


serow20160321.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
実は金曜日の夜セローに不具合が発生、そのままバイク屋さんへ入院となりました。
翌日詳しく調べてもらったところニュートラルセンサーの異常ということが判明。
部品取り寄せのため即日直しとはいかなくて日曜日の夕方に修理が完成。
保証期間でもあり初期不良ということで部品代、交換工賃は無償ですみました。
春の九州遠征の時に不具合が発生したら完全にお手上げになるところでしたから
この時点で異常が出てくれたのが不幸中の幸いかもしれません。
posted by atomzizi at 18:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

早春のスミレ一番は

ナガハシスミレに会いに鳥取まで遠征です。
バイクではなくvyvさんの車で行ってきました。
道中空は快晴、心うきうきでしたが現地に近づくにつれ雲が広がり雨も降ってきました。
ちょっと凹みましたがしばらくすると徐々に雲が晴れて天気は回復してきました。

nagahashisumire20160312_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
車を停めたすぐ近くの道路の法面にナガハシスミレの群落が見つかりました。
探し回ることもなく拍子抜けするような出会いとなりました。


nagahashisumire20160312_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
上に突き出た長い距のスミレ。別名天狗スミレと呼ばれるそうです。


nagahashisumire20160312_3.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
昨日降った雪が滴になって花びらに付いています。
朝は気温が低く凍えるような寒さですが凛とした姿で咲いていました。


nagahashisumire20160312_4.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
山道を登って行くと日当たりのよい林床にぽつぽつとナガハシスミレの群落が見つかりました。
60mmマクロの出番はここまで、ここからは40-150mmのレンズに慣れるためレンズを持ち替えます。
そしてなるべくマニュアルフォーカスで撮影をすることにしました。


nagahashisumire20160312_7.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
花の色は白っぽいものからこの花のように濃いものまでかなり色幅があるようです。


nagahashisumire20160312_5.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
花の後姿。


nagahashisumire20160312_6.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
長い距が見えなければタチツボスミレにそっくり。
タチツボスミレの変種というのが納得できます。
posted by atomzizi at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

今年最初の野外撮影




akatateha20160305_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
冬越ししたとは思えない色褪せもなく白い縁毛も綺麗に残ったアカタテハ、新生蝶かと思わせるような新鮮さです。
きっと風雨の当たらない越冬場所だったのでしょうね。


hiodoshi20160305_1.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
地面で日向ぼっこをするヒオドシチョウ。
テングチョウもたくさん見られました。
新生蝶はルリシジミとモンシロチョウが飛ぶのを見ましたが撮影は出来ませんでした。


koshonoki20160305.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
アカタテハが吸蜜していた沈丁花にそっくりの花。
帰ってからネットで検索してコショウノキと判明。
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属、道理でそっくりのはずです。
posted by atomzizi at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

再度セリバオウレンの観察に

kadowakiさんと二人ツーリングがてらバイカオウレンの観察に行ってきました。

baikaouren20160305_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
2時間走って現地に到着。
先週は数輪しか咲いていなかったセツブンソウが林内にぽつぽつと咲いています。
まだまだ蕾の状態のものが多くちょっと時期が早かったかもしれません。


baikaouren20160305_3.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
初めて見た一茎に2輪の花を咲かせたセツブンソウ。


baikaouren20160305_4.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
上から見たところ。


baikaouren20160305_5.jpg
E-M1+ED40-150mmF2.8PRO+MC14
少し離れたところにもう一株ありました。


baikaouren20160305_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
林内に差し込む陽光を精一杯受けて咲く。


baikaouren20160305_7.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
花の後姿も一緒に。


serow20160305.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
バイクのカテゴリーがまったく違いますが、二人が普段通勤に使っているものと違うバイクを使って
のツーリングです。
posted by atomzizi at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする