2015年10月29日

55555km

今朝出勤途中でNC700Sのオドメーターが55555kmになりました。
計算すると年間走行距離は約17000kmぐらい。
そろそろ定期点検時期、しっかりメンテをして長く乗ろうと思います。
目指せ100000km!

nc700s20151030.jpg
STYLUS TG-2

ディグリーも55000kmを越えているので2台合わせると日々の生活の中で相当バイクに乗って
いることになります。
ディグリーの方は生産年から20年を超え最近はほうぼうがヘタッてきました。
時々エンジンがかからなかったり、走行中突然エンジンが止まることも。
メーカーにも部品の在庫がなくそろそろ限界かもしれない。
posted by atomzizi at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

秋の里山で

クロツバメシジミの棲む里で見かけた花たち。
蝶が少ないとやはり花撮りすることになっちゃいます。

safuran20141024_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
人家のはずれに咲いていたサフラン。
次から次へヒラタアブがやってきます。


safuran20141024_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
真っ赤なめしべは料理などに用いる高級スパイスのサフランです。


ysmsrakyo20151024.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
斜面にポツポツと咲いていたヤマラッキョウ。


gennosyouko20151012.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
毎年訪れるたびに気になるピンクのゲンノショウコ。
白と赤はどこにでも見られるけどピンクはここでしか見たことがありません。


yomena20151012.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
秋の里山の代表といっても良いヨメナ。
よく似た花にノコンギクというのがあって見るたびいつもどっちだろうと迷ってしまう。
posted by atomzizi at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

キタテハ

キタテハの翅は熟していく柿と同調するように色が濃くなっていきます。

kitateha20151024_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
ヨモギの葉にとまり朝日を受けて翅を広げる。


kitateha20151024_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro


kitateha20151024_4.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
時々思い出したように翅を広げるのでタイミングを計りながらシャッターを押します。


kitateha20151024_5.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
反対側へ回って逆光で。


kitateha20151024_3.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro


posted by atomzizi at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

今年最後のクロツバメシジミ

もう無理だろうなと思いながらもツメレンゲにとまるクロツバメシジミのコラボ写真を狙って
出掛けてきました。
今年は個体数が少ない上にこの時期ですからクロツに会えたら奇跡みたいなものです。

kurotsu20151024_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
ポイント周辺を歩き回ってやっと見つけたイヌタデにとまるクロツバメシジミ。
あまり鮮度は良くありませんがそれは言うのは贅沢というものです。
とりあえず草紅葉をバックに秋らしいクロツ写真をゲットしました。


kurotsu20151024_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
ほとんど終わりかけたツメレンゲの先端に残ったわずかな花で吸蜜するクロツ。
奇跡のショットです。


kurotsu20151024_3.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
反対側へ回るとクロツは下向きに位置を替え数カット撮ったところで飛んでいってしまいました。
この個体はイヌタデにとまっていたのと同じ個体です。
少し離れた場所でスミレ(季節はずれ)の撮影をしたりテングやキタテハの訪花を観察した後、
元の場所へ戻るとなんとツメレンゲにとまっているのを発見。
時間にして30分ぐらいでしょうか絶妙のタイミングでした。
posted by atomzizi at 19:43| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

ハマエンドウとハマナデシコ

サツマシジミを探しながら海岸沿いをあるいていると砂浜にハマアザミやハマナデシコが
咲いていました。

hamaendo20151017_1.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
ハマエンドウの花は大きくて見応えがありますね。
秋の棲んだ青空をバックに。


hamaendo20151017_2.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
横顔はこんな感じ。
撮っている時には気づかなかったのですが一番上の花びらに白い点があります。
拡大してみると卵でした。
どうやらウラナミシジミが産みつけた卵のようです。


hamanadesiko20151017.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
ハマナデシコ
沢山咲いていたのですがサツマやヤクルリが飛び始めると花撮りどころではなくなりました。
ハマアザミなど撮りそこねたのも。
今回の四国遠征では課題も宿題も残りましたが充実した楽しい遠征になりました。
posted by atomzizi at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

ヤマトシジミ紋流れ

サツマポイントに到着後、蝶が飛び出すまで付近を散策しながら時間つぶしです。
すると先行していたkadowakiさんとvyvさんが手招きするではありませんか。
指差す所を見るとなんとヤマトシジミの紋流れ個体がヨモギの葉陰にとまっていました。
全員カメラを持たず散策していたので急いでカメラを取りに車へ戻りました。
こんな時は戻ると居なくなっていたということが往々にしてあるのでやはり気持ちは焦ります。
足早に戻ってみるとまだその場所にとまっていたので一安心。

yamato20151017_1_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
交代で数カット撮ったところで飛ばれてしまいましたが、まだ陽射しは弱く不活発ですぐ近くに
とまりました。


yamato20151017_2_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
とりあえず紋流れ個体の証拠写真は押さえたので反対側から写す余裕も。

帰宅してからネットで紋流れのヤマトシジミを検索しても撮られた例は少ないようでした。
今夏のヒメシジミの色彩異常型といい今回のヤマトシジミの紋流れといいこの三人で遠征したら
何故か異常型に遭遇することが多いような気がします(笑)
嬉しいサプライズでした。
posted by atomzizi at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

クロマダラソテツシジミ

少し遅い目の昼食を済ませた後、展望台まで上がると猫がたくさん居て相手になっていると
いきなりタヌが現れたのにはびっくり。
人慣れしたタヌキで2mぐらいのところまで寄って来ます。
猫とタヌキに癒された後、再び蝶の探索に岬を下ります。

集落を進むと偶然顔見知りのネットマンにお会いしてカバマダラ情報をいただきました。
数株のトウワタに卵が産み付けられているのを確認したので発生地に間違いがないと思うの
ですが見たのは翅の破れた1個体のみ。
カバマダラは諦めとりあえずクマソの撮影を楽しむことにしました。

kumaso20151017_1_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
神社の拝殿へ続く階段にとまる低温期型のクマソ。
尾状突起付近の赤班がほとんど消失しかかっています。


kumaso20151017_7.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
開翅も披露してくれましたがちょっと日差しが強すぎ、翅の色のコントラストが強すぎて
本来の綺麗なブルーの翅の色が出ませんでした。


kumaso20151017_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
飛び立ってとまったところは4mほどの高さの梢の先っぽ。
遠いですが青空も写り込んでいい絵になりました。


kumaso20151017_3_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
少し移動した場所では大きなソテツの下で低温期型と通常の型が混飛していました。
なるべくターゲットを低温期型に絞って撮影しました。
オシロイバナの葉上にとまる低温期型のクマソ。


kumaso20151017_4.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
ゆっくり翅を広げたこの個体、翅表は想像以上のスーパーブルーでした。


kumaso20151017_5_60.jpg
EE-M1+ED60mmF2.8Macro
この個体は白帯が大きく広がり超低温期型の顔をしています。


kumaso20151017_6.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
1ペアだけでしたが交尾個体も見られました。
こちらは高温期型のペアで後角の赤班もくっきり鮮やかです。
2年ぶりの大発生だそうですが以前に神戸でも沢山見たので迷蝶を撮っているという感動は薄いです。
それでも今回一番シャッターを切った回数が多かったのはクマソでした。
posted by atomzizi at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

サツマシジミ

徳島のサツマポイントを諦め室戸へ移動します。
岬ではヤクルリに混じってサツマが飛んでいました。
最初は飛んでいる個体がサツマかヤクルリか判断し難かったのですが慣れてくると見分けが
つくようになりました。
ここでは出来るだけサツマに的を絞って撮影しました。


satsuma20151017_1_60.jpg
E-M1+ED60mmF2.8Macro
朝の活動時間が終わり下草で休憩するサツマシジミ。
この後何度飛ばしても遠くへは行かず地表近くの下草の上へとまりました。
当然開翅するはずもなく横顔だけの撮影になりました。


satsuma20151017_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
サツマシジミの翅裏は純白で美しいですが逆光だと灰色に写るし順光だと白飛びしてしまうし
撮影し辛い蝶ですね。


satsuma20151017_4.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
今回よく訪花していた花は3m近くまで伸びたタデ科の花でした。
せめてセンダングサぐらいの高さの花で吸蜜してくれたら撮り易かったのですが・・・


satsuma20151017_3.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
ピントが甘いですが今回唯一のサツマシジミの翅表が見える写真。
近づくことが出来ない薮の中での吸蜜でした。
来年は開翅に絞ってチャレンジしたいものです。
posted by atomzizi at 19:11| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

センダングサとヤクシマルリシジミ

vyvさんkadowakiさんと四国へ遠征してきました。
狙いは徳島のサツマシジミとヤクシマルリシジミ。
ついでに高知の室戸まで足を伸ばしクマソとカバマダラもゲットしようという魂胆です。


yakururi20151017_4.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
サツマシジミのポイントに到着して気温が上がるのを待ちます。
やがて現れた蝶はヤクルリでした。次々飛んでくるのもほとんどヤクルリです。
なかなか本命のサツマは現れません。


yakururi20151017_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
サツマは半ば諦めセンダングサの花を訪れるヤクルリにターゲットを絞ります。
全開翅はかないませんでしたがV字開翅から綺麗な青を見ることができました。
カメラではその青さと美しさを捉えるのは難しい。


yakururi20151017_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
ヤクルリはスレ個体も多く発生のピークが過ぎてしまったようです。
それでも比較的綺麗なオスがいたのでモデルになってもらいました。


yakururi20151017_3.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
開翅はしてくれませんでしたがまあまあ雰囲気のある写真になりました。

今回の遠征、午前中はどうなることかと思いましたが午後からはそれなりに楽しめました。
若干不完全燃焼気味ですが当初の目的の蝶が観察でしたので良しとしましょう。
同行くださったお二人に感謝します。
posted by atomzizi at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

クロツバメシジミの悪夢

今日はクロツバメシジミと食草ツメレンゲでの吸蜜シーンを狙ってツーリングがてら走ってきました。
ところがポイントをA地点からB地点C地点と回りましたがクロツの姿が見えません。
最後のC地点では石垣をちらちら飛ぶのが遠めに見えたので、とまったと思われる辺りを探すとカマキ
リに捕らえられていました。

kurotsu20151012_3.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
クロツを捕らえてドヤ顔のカマキリ。


kurotsu20151012_3_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
カメラを向けるとしばらくじっとしていましたが、いきなりクロツにかぶりつきました。


kurotsu20151012_4.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
こちらが気になるのか目線はずっとこっちを向いていたような。


E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
可哀相なシーンですがビデオに撮りました。
小さな獲物なのに結構時間を掛けて丁寧に食べています。


kurotsu20151012_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
今日まともに撮れたのはこの1頭だけ。それもDonさんが見つけられたのを撮らせてもらっただけ。


kurotsu20151012_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
今日のテーマツメレンゲとのコラボは叶いませんでした。
ツメレンゲの花の開花はこれからなので来週でもコラボ写真は可能でしょう。
クロツも増えているかもしれません。
posted by atomzizi at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

アキチョウジ

午後から所用があるので遠出をすることが出来ず、お昼前の1時間ほど近くの林道を走ってきました。

akityuoji20151010_1.jpg
E-M1+ZD50mmF2.0Macro


akityuoji20151010_2.jpg
E-M1+ZD50mmF2.0Macro
例年は林道脇に大群落が見られた場所は除草されアキチョウジはおろか他の花も見えません。
少し奥へ詰めて道から一段高くなったところでやっとアキチョウジの小さな群落に会うことができました。
綺麗に整備されるのはいいけれど花が見られなくなるのは寂しいですね。
posted by atomzizi at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

ルリタテハ


日曜日の夕方ミニーを連れて散歩中にルリタテハの幼虫を見つけました。
あいにくカメラを持っていなかったので今朝出直して撮ってきました。
毛虫の嫌いな方はスルーしてください。
ルリタテハの幼虫はタテハの中でもかなりグロテスクな部類ではないでしょうか。
背中の棘は触ると危険ですよと訴えかけているようです。

ruritateha2015105_1.jpg
E-M5+ED12-50mmF3.5-6.3EZ
人差し指ぐらいはありそうな大きな幼虫が6頭、道路脇に咲いていた大株のホトトギスを食っておりました。
葉を食いつくし花に食いつく幼虫。

ruritateha2015105_3.jpg
E-M5+ED12-50mmF3.5-6.3EZ
この時期は蕾を好んで食べるようです。


ruritateha2015105_2.jpg
E-M5+ED12-50mmF3.5-6.3EZ
以前アカタテハの終齢幼虫を持ち帰りほどなく蛹化したので羽化を待っていたところ、蛹から大量のハチ
だかハエだかが出て部屋中を飛び回り退治に難儀したことがあります。
終齢幼虫は結構な確立で寄生されているような気がします。
なので持ち帰っての観察はパスです。
posted by atomzizi at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

稲穂に・・・

土曜日の午後、先週水抜きをしていたシルビアの里の田の様子を見に行ってみました。
ちょうど田の主が居られたので「稲刈りはいつ?」と尋ねると「来週ぐらいには刈るよ」とのこと。
となると稲穂とシルビアのコラボ写を撮るチャンスは今日しかないので午前中に出掛けてきました。

silvia20151003_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
これは昨日の午後4時ごろ稲の葉上で開翅するシルビア。
田んぼの中、かろうじてカメラの射程内にとまっていましたがこの位置からしか撮れなかったので
シルビアの青い翅色が出ませんでした。


silvia20151004_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
畦道で卍をしていたシルビアの1頭が稲穂にとまりました。
まるで籾の影に隠れているようです。


silvia20151004_2.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
この時期意外と多くのシルビアが稲穂の上にとまることがわかりました。
ただ田んぼの端の稲穂にとまらず多くはカメラの射程外にとまることが多いのでシャッター
チャンスは少ないです。


tsubamesijimi20151004_1.jpg
E-M1+SIGMA150mmF2.8Macro
開翅しているシルビアを発見!と思ったらツバメシジミでした。
posted by atomzizi at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

誕生日

今日はミニーの10歳の誕生日です。
いつものようにケーキを買ってきてお祝いしました。

barthday20151003.jpg
E-M5+ED12-50mmF3.5-6.3EZ
去年は9本のローソクを立てましたがローソクでケーキが隠れてしまいました。
なので今年は10本をまとめて大きめのローソク1本にしました。


minnie20151003.jpg
E-M5+ED12-50mmF3.5-6.3EZ
夕方6時前、散歩に出たついでに近くの公園で記念撮影。
早いもので我が家へ来てもう10年になるんですね。
これからも元気で!
posted by atomzizi at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする